2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 体重測定_20180721 | トップページ | 桂花(サッポロ一番) »

2018年7月22日 (日)

BKP200 フォーカサを調整してみる

いつの頃からか、BKP200でピント調整が難しくなった。ってのが、フォーカサの動きが悪くてガリガリ音がする。

ので、バラしてみた。

R0010259
フォーカサって、こんな構造だったんだ。

で、色々知らべてみたら

R0010260
結局は、フォーカサの裏側(?)の2本のイモネジで調整すればいいだけだったのが判明。

移動時の振動とかで緩んでしまうと、フォーカサの動きが悪くなるって事なんだろうと思う。イモネジ含め、ここらのネジはかなりキツク締めあげた方が結果は良かった(動きがスムーズでカメラの重さで戻らなくなったりしない)。

なんで、ここまで大掛かりに調べたかと言うと、BKP200を買ってスグの頃、光軸調整した時にしでかした事があったので。
調整用のレーザーのセンターが取れてない状態(元々ズレた状態でゴムみたいなもので固定されてた)で調整しようとして、レーザーが主鏡で円を描くのは、フォーカサが傾いてるからだろうと思って、いじっちゃったんだよね。
なので、光軸調整しても片ボケしてる状態なんだと思う。

Photo_2
下側、特に右下が悪いよね。

これをどうにかしようとずっと思ってたので、今回思い切って分解してみた。
で、フォーカサの押ネジ、引きネジがフラットな状態(と思う)にしてみた。

フォーカサを鏡筒に取り付けてる加工精度が怪しいので、この状態で撮影して四隅を確認してみよう。

Photo_3
雲はたくさんあるし、台風の影響か強風だったけど、像のチェックだから、ベランダで15秒露出4枚撮影すりゃなんとかなるだろうと思ってやってみた。

結果、フォーカサーの高さ調整はやってないけど、そこそこ改善したので、ヨシとしよう(ピンボケドーナツで確認したけど、ぱっと見は、偏ってるようには見えなかったので、スルーして撮影してみた)。

Photo
こんな感じのダンカン・マスク作って確認してみると、もう少しハッキリするかも知れない。

R0010264
大きなドーナツがあるのは分かってたので、フラットも撮影。ビニール袋を輪ゴムで止めて撮影するだけ。

Test2_2
Light

Test3
Flat

Test
補正後

ビニール袋被せただけでも、このくらいは補正できる。光害激しいベランダだったので黄色いフラットになってた。
補正後もドーナツ跡が確認できる。
Light, Flat とも、ASI1600 Gain=300, Temp=0, Exp=15

20180722_090320crop_2

Photo_3
とにかく、光軸調整アイピースは見難いけど、そんなに悪い状態では無さそう。

R00102661
撮影中も強風だったけど、夜中に雨が結構降ってた。遠い台風の影響だろう。

« 体重測定_20180721 | トップページ | 桂花(サッポロ一番) »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

もしかして、主鏡の鏡も外したのですか。
凄い!

まさか。
今回はフォーカサ外しただけです。
どの写真(記事)で主鏡を外したと思われたんですか?(表現に問題ないか確認したいので)
主鏡は、もっと汚れたら外して洗うかも知れませんが、今のところ無問題です。

黒くて丸い蓋、これの上に主鏡が乗っていたんだなーぁと、勝手な想像です。
まあ、スイスイ彗星とわくわく惑星の違い位ですね。(爆)

>黒くて丸い蓋、これの上に主鏡が乗っていたんだなーぁと、勝手な想像です。
最初の写真ですか?主鏡の蓋です。
表現に問題無さそうで安心しました。

心配してください。
おねげーしますだ。

何を、どう、心配しろと?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BKP200 フォーカサを調整してみる:

« 体重測定_20180721 | トップページ | 桂花(サッポロ一番) »