2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« パンスターズ彗星_20180720 | トップページ | これは何ですか? »

2018年7月24日 (火)

デジタルファインダー改良強化

デジタルファインダー、何度も改良強化してきて、前回、ズームレンズにして、ドットサイトも付けたので、これで最終版だろうと思ったし、事実、結構な期間、その形態のままだった。

R0010261
久しぶりに改良強化。M-genを同架できるようにした。
ファインダーとM-genはアルカスイスなので、主鏡筒のアルカスイス・クランプで交換する運用で、アライメント終われば、ファインダーを使う事は無いので、問題なかった。

ただ、今後、ASI385MCで惑星状星雲を 1600mm で撮影する場合、ファインダーが必要になるケースが出るかも知れないと思って準備した。

R0010262
準備したと言っても、m-genは何も変更ないし、左側のアルカスイス・クランプ背中合わせコンポーネントは、BLANCA用に以前から使ってるものを使っただけで、変更したのは、QHYのカメラの背中をアルカスイス・プレートに交換した事だけ。

ここに、アルカスイスがあれば、他の用途でも使えるかも知れない。

R0010288
アルカスイス・クランプを付けてみた。これで、普段はデジタル・ファインダーとして使っておいて、オートガイド時は、上に積んでもいいし、ファインダーとオートガイダーを交換してもいいって構成になった。
ただ、実際には不安定になりそうで、オートガイダーがしっかり固定されていないと星が流れる事が多いので、ここに積むのは最終手段か。

m-genを積むと、ドットサイトは使えない状態だけど、実用上、それが問題になる事はないだろう。

m-genをコバンザメにするって手もあるけど、ニュートンは下側にカメラ付けるので、コバンザメ出来ないんだよね...

ただ、ファインダーとオートガイダーを同架しておきたい状況は、リッチークレチアンでASI385使った惑星状星雲かな?とも思うので、その場合はコバンザメもアリだし、ASI1600をガイド側にしてオフアキって手もあるかも知れない。

« パンスターズ彗星_20180720 | トップページ | これは何ですか? »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

攻撃兵器のようにも見える禍々しいこの構成、あぷらなーとさん的なセンスを感じます

ちょっとアレかと思いますが、巨匠のアレとはレベルが違うと思います...

いや、なんだか同じ香りを感じますぞ。
実際、手持ちのパーツと同じものも複数見受けられますし。

こりゃ遠からず魔道に墜ちますなぁ。
うひひ。

墜ちない墜ちない。
全然違います。街角で聞いて見ましょう。

あぷらな~とさんってどう思いますか?
『スッゴい望遠鏡作ってる変態魔王でしょ。なんか肩壊したんぢゃなかったっけ?』
『うける~』
(女子高生2人組)

けむけむって、どう思います?
『ナナフシが嫌いな紳士でしょ』
(セレブな人妻)

この位違います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジタルファインダー改良強化:

« パンスターズ彗星_20180720 | トップページ | これは何ですか? »