2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« ジャコビニ・ツィナー彗星_20180720 | トップページ | 体重測定_20180721 »

2018年7月20日 (金)

事の顛末

FBの天体観測写真のグループで素晴らしい彗星写真。 C/2017 S3(PanSTARRS)がかなり明るくなって長い尾が出ているらしい。
C/2017 S3 は8月、太陽にすごく近づいて明るくなる予報だけど、その頃は近すぎて撮影条件悪そうって以前、記事にしてた。撮るなら今かも?
GPVだと夜半から快晴らしい。しかも、金曜から天気悪くなるらしい。
では、会社近くで撮影して、超早朝出勤してやろう(最近は、6時から勤務で夕方は2時間残業になる勤務(フレックス)してるので、いつもと大差ない)... ってな感じで急遽汗だくになって準備して出発。場所は益城町の先、西原村の山の上。

で、夜半、現着。

機材組み立てる。月は西に沈みかかってて、天の川はクッキリとまでは言わないけど、カシオペアから頭上通過して南へ流れてる。

アライメント済ませて、まずは、ジャコビニ・ツィナー彗星撮影しよう。順調にオートガイドも出来てる。バッテリはSuoaki。残量確認のためにAC電源スイッチON!!(SuoakiはDC出力は何もしなくて出来てるけど残量確認LEDはスイッチ入れないと点灯しない)。

プシュン

ぎゃぁぁあぁぁ!全電源喪失事故ッッ!!

自宅ならセレストロンのパワータンク使うって手もあるけど、こんな山の中ではどうしようもない。Suoaki にリセットスイッチとか無いのか?と探したけど、無い。

しょうがないので快晴を前に撤収... と思ったら、ジムニーが居た。
ジムニー、シガーソケットで 12V供給できる能力を有しているのを思い出した。
ケーブル短いので、ジワジワとジムニーを赤道儀に横付け。
で、シガーソケット分岐を差し込む。LED点灯。
やた。これで勝つる。

けど、AVX電源入らない... え~?と思って、シガーソケット分岐の電圧計を見ると19Vッ!?ジムニーって19V出力なの?と思ってググる。んな訳ない。

もう一つ、予備のシガーソケット分岐持ってたので交換。おおおお!無事AVX動作ッ!m-genも動作ッ!今度こそ勝つるッ!

気を取り直して、再度アライメント、撮影開始。順調。
ふと赤道儀を見ると、何やら動くものが...
ぎゃぁぁああぁあああ
この夜、最大の絶叫。ナナフシがAVX登ってきてる!あり得ない!!
ナナフシは生命体の中で嫌いなものランキングがかなり上位の生物で、最近、朝事務所の入り口付近にいたりするので、出社時にフマキラー持参で「駆逐してやるッ」と噴射する毎日なのに、至近距離に忍び寄ってきているとは。信じられん。
棒切れで1mくらい飛ばして、やぶ蚊撃退スプレーを60秒噴射。これでいいだろう。

気を取り直して撮影状況確認。順調。

あー、でも、このままだとジムニーのバッテリが上がってJAF呼ぶって惨事は避けたいと思って、車入ってエンジンかけて撮影続行。

しばらくして撮影を確認すると
ぎゃぁぁぁぁあああ
流れまくりッ!電圧不良かッ!?

汗だくで色々調べてみたら、ジムニーのエンジンかける時に、瞬電。AVXは動作を続けるけど、なぜか南天の聞いたこともない星座付近を見てるツモリになったりするらしい。

しょうがないので、一度、全部綺麗に終了して、ジムニーエンジンかけたまま、電源投入。撮影中は、ずっと横でジムニーエンジンかけっぱっつー、地震直後の車中泊っぽい状態。
再々度、アライメント。でm-genを起動しようとしたら、何やら動くものが...

ぎゃぁぁああぁああああああん
さっき、この夜、最大の絶叫と思ったけど、違った。今度が最大。またしても、ナナフシがAVX登ってきてる!あり得ない!!ひょっとして最初から2匹いたの?
と思って、さっきの亡骸を確認するといない。
ってー事は、かなりの確率で同一個体。やぶ蚊撃退スプレーでナナフシは死なないって事らしい。
しょうがいので、棒切れでハネ飛ばして、さらに、スリコギのように使ってナナフシをゴリゴリしながら、「駆逐してやるッ!この世から一匹残らずッ!」と叫ぶ。

はぁはぁ言いながら、撮影状況確認。順調...
だったのだけど、急な腹痛。時代劇だったら、「急に差し込みが...」と言うシーン。けむけむは、護摩の灰ではないので、リアルに苦しんでるだけ。

先週から胃痛で、土曜日、胃カメラ飲む予約してるんだけど、それが来たらしい。撮影どころではなくなったので、肝心の彗星はまだ低空でテスト的な撮影だし、撮影枚数も少ないけど、このままではどうにかなりそうだったので、脂汗流しつつ撤収。

救急車的速度で自宅まで帰って、胃薬飲んで、1時間くらいしたら落ち着いたので画像処理。会社行く仕度してたけど、急遽夏休み(?)。困った事に自宅でも事務所とまったく同じ作業ができちゃうので、年休だけど、お客にばんばんメールするって管理職にバレたら怒られる悪行三昧。

ある程度処理したら落ち着いたので、気を取り直して、Suoakiをチェック。犯人はSuoakiではなくて、シガーソケット分岐が怪しいけど、Suoakiを破壊しちゃった可能性大。
DC出力確認。無し。
ACスイッチオン。無反応。
事象再現。

念のため、充電してみる(3ヵ月くらい放置して放電してるとは考えにくいけど)。
おおお、充電LED点灯。ほぼ満充電状態を確認(LED 4/5点灯)。
スグに充電中止。
DC出力確認!ACスイッチオン。起動確認ッ!ACに扇風機つないで動作確認。無問題。奇跡の完全復活!

R0010249
この状態で、電源喪失事故発生したが、現在は再現しなくなった。
シガー分岐も12Vを表示しているけど、ジムニーから給電してもダメだったので、やっぱ、このシガー分岐が主犯と思う。

山での惨事は、なんだったんだろうか?

電源喪失 -> 恐怖のナナフシ出現 -> 体調急変...
これ、ここに居るなって心霊系の警告だったって話にすると夏にちょうどいいかも?
もしくは彗星が撮影されたくなかったのか?
比較的近くの山に眠ってる すのーりん、すのーるんが すのーらん可愛がってるのに怒ってた?

怪談になってしまうとは、書き始めた時は予想してなかった落ちだなぁ...

追伸
全電源喪失事故は怖いのを学習したので
1. ジムニーのシガーソケットからの延長ケーブル
2. PC用バッテリ(12V出力可)からシガーソケットに供給できるケーブル
を手配して、待機系を2系統準備するっちゅー、素晴らしいリダンダンシーすることにしました。

R0010250
PC用のパッテリは 15V 6Aも出力できるので、Suoaki を充電してみたら、ちゃんと出来た。
今回、ちょっと充電したら復活したので、事象が再現したら、これを試してみるって手もあるかな。

R0010251
Suoakiの充電器は、15V 4.5A。コネクタ変換プラグが訳分かんな事になりそうだったので、ここに、パーマセルテープで貼っておこう。

R0010252
色々探してたら、これがあるの忘れてた。シガーソケットから、Suoakiに充電するケーブル。これはSuoaki入れてるバッグに入れてあるの忘れてた。これ使えば、現地で解決できたって事か(今だから言えるのだけど)。
※お気付きでしょうが、自分用備忘録です(このブログ自身が、この目的なんだけど)

« ジャコビニ・ツィナー彗星_20180720 | トップページ | 体重測定_20180721 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

それはこれまでに葬られたナナフシの祟りですね。

しかし、ああいうエサを扱う人がナナフシがダメって・・・。
因みに、自分はナナフシを未だに見たことがありません。
ググってみたら地元でも山の方ではいるらしいけど、海に近い地域に住む自分にとっては未知の生物です。
でも全然嫌じゃないなぁ、昔から見てみたいと思っていた生物ですよ(^^;)

ナナフシ見た事ない人のある程度は、見過ごしてるだけではないか?と。
連中は卑劣な事に植物に貼り付いて、いかにも植物の一部でござい的な感じで、じっとしてると普通は見つけにくいかもです。
あまりに嫌いなので、ココはいるな...とピンとくるし、探す場所も分かるので、結構見つかります。
殺虫剤かけると、スローモーに逃げるところもキモチ悪い事、この上ありません。

ナナフシに比べたら、ゴキブリを素手で触るのなんて、どーって事ないです。どっちか触れと言われたら、100%ゴキブリさん(敬称だって付けちゃうぞ)ですね。

なんで、気持ち悪いのか分かりませんが、きっと前世で何かあった系ではないか?と思います (^o^;

昔、実家で20cmくらいあるナナフシを見たとき、ふんぞり返りそうになりました。この世の生物に見えませんでしたね。三脚に擬態するようになったら恐ろしいですねぇ。

恐ろしい。20cmの巨大ナナフシ...
茶色だったら失神しちゃいそうです...

やっぱ、あんなのがウロウロしてる季節は殺虫剤を携帯必須と再認識(通勤時は持ち歩いてるけど、駐車場で出るとは思いませんでした)

わらっちやいけないけど笑らかせてもらいました。
機械のことも星のことも解らないけど、けむけむけむさんの七転八倒ぶりがよくわかりました。
ナナフシ?七つふしがある尺取り虫みたいなやつかな。調べてみます

本当に七転八倒の怒濤の夜でした。
ナナフシは、全身が竹みたいな気持ち悪い生物です

自分から相手のテリトリーに入っていって、気持ちが悪いというだけで
殺すというのはいかがなものかと思います。
気持ちが悪いという感覚はどうしようもないですが、たとえ殺したとしても
ブログにはすりつぶしたとか書くのではなく、退治した程度で良いのではないですか?
虫を一匹も殺すなとは言いませんが、自然を相手にした趣味なのでもう少し
配慮が必要かと。
それが出来ないなら、ベランダで撮影していれば良いと思います。
トカゲが出てきて気持ちが悪いから踏み潰したと書いたブログを読んだら
どう思いますか?
虫マニアではありませんが、ちょっと読んでいて不快になりました。

ご意見ありがとうございます。

>自分から相手のテリトリーに入っていって、気持ちが悪いというだけで

そのまま、お返しします。こんなくだらないブログ読まない方が賢明かと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/73891201

この記事へのトラックバック一覧です: 事の顛末:

« ジャコビニ・ツィナー彗星_20180720 | トップページ | 体重測定_20180721 »