2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« フラット用のアレを考える | トップページ | ヒョウモントカゲモドキの餌を考える »

2018年8月 5日 (日)

体重測定_20180804 & ヒョウモントカゲモドキ邸を考える

R0010340

_20180804
順調に育って 29g 。お腹がぽっこりしてきて、ヒョウモントカゲモドキ体型まっしぐら。

R0010341

R0010342

R0010343

R0010344
左後ろ足の人差し指(?)が短い。多分、奇形ではなくて、ショップにいる時、うまく脱皮できずに欠損してしまったのだろう(湿度不足)。特に運動に問題があるような感じはない。


すのーらん、おそらく居住環境はかなり上位だろうと思う。

R0010345
90cm 水槽でシェルターは大小5個ある(うち1個はウェット)。クリーム色は水入れ。茶色は餌入れで、ここに置き餌にしてると朝無くなってる。

R0010346
食事用の小物と体重測定用の秤。

R0010347
銀色のものが上から遠赤外線を出す「暖突」。これまで金網直結してたけど、90cm水槽、高さが45cmあるので、10cm程床に近付けてみた。もちろん、こんな気温の高い時期には発熱しない。

R0010348
温度制御用サーモスタット。直列接続で冗長化してあるけど、暖突が連続動作した場合にどのくらいの温度になるのかは測定したことがない。

R0010349
床下はフィルム・ヒーター。こちらはサーモスタット内蔵。フィルムヒーターは片側だけで、水槽写真の左側が上下に保温器具があり、右側は無い状態。
これで左右で温度勾配をつける目論見なので温湿度計も2個配置してある。

R0010351
暖突では、昼の時間帯だけ加温して、夜はフィルム・ヒータだけで1日の温度変化を付けるのも良さそうだけど、どのくらいの寒暖差か要チェック。
繁殖を狙うなら、ある程度の寒さを経験させる必要があるかも知れないけど、その計画はないので、拒食にならないように夜最低20℃~昼25℃くらいで調整してみようか...

« フラット用のアレを考える | トップページ | ヒョウモントカゲモドキの餌を考える »

ヒョウモントカゲモドキ」カテゴリの記事

コメント

徹底していますね。すばらしい
ますますハードル高くなってしまいました(^-^;

これは、90cm水槽があったからなんですよね (^o^; 広すぎて、冬の保温が大変です。
普通は45cmとか60cm水槽で十分と思います(保温器具がこのサイズ用が多いです)
ヒョウモントカゲモドキって1日の大半は寝て過ごしますし、走るような事もほぼないです。

赤ちゃん体型から娘さんになってきたような、順調ですね(*^-^)
90センチとはカメ並み豪邸!!
確かに暖突下げないと効率悪そうです。
うちは手作りケージにしたらフィルムヒーターしけなくなっちゃったので、この冬は暖房考え直さないといけません。

はい、90cm豪邸過ぎで暖房で悩み中です...

フィルムヒーターも床直ではなくて少し間があくので、ほんのり暖か... になります。
45cmか60cmの方が、色々便利そうです (^o^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/73974312

この記事へのトラックバック一覧です: 体重測定_20180804 & ヒョウモントカゲモドキ邸を考える:

« フラット用のアレを考える | トップページ | ヒョウモントカゲモドキの餌を考える »