2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月30日 (木)

ASI1600MC-CoolとSharpcapでタイムラプス & かなりハミ出す

やっぱ、入道雲すっごい。

星空を撮りたいけど、雲湧きすぎ。左下が明るいのは隣のマンションのカブリ。ようつべ行って大きくしないと星は見えません。

午前3時頃、雷が聞こえたので撮ってみたけど、たまに空が明るくなるだけで、ほぼ静止画... orz


R0010414
かなり育ったので、一番小さいシェルターは無理だと思うけど、無理して入ってた。この状態でしばらく耐えてたけど、無理と気が付いたようで、出てきた...

R0010324
今月初めは、ちょっとはみ出すくらいだったけど、体重倍増しちゃったので、全然入らなくなったっぽい。

2018年8月29日 (水)

入道雲2&夜景&天体撮影あるあるな空

入道雲でまたテストしてみた。

Frameratelimit
1秒に1コマにするには、 Frame Rate Limit を指定すれば良かった。入道雲は実際には、10msec.くらいの露出なので、1fpsを指定しておけば、1秒に1回露出してくれるけど、星空なら5秒に1コマくらいだろうから、このパラメタは要調整。


AVI ファイル出力して、MovieMakerに取り込んだら、ディベイヤーする前みたいな変な像になっちゃった...


SER で撮影しておいて、 SER player で SER -> AVI 変換した後、MovieMaker に持ってきたら、カラーになった...

なんとなく、天体のタイムラプスは SharpCapで撮影できそう(どこに付いてるか分からないゴミ、掃除しておかなきゃ...)


夜景も撮ってみた。4秒露出で。こうなると、 Frame Rate Limit は Maximamで良いので夜景の方が簡単だったとは...
星の動きが遅すぎたので8倍速でmp4化してみた。


星の動きは、すごく遅かったので16倍速。こと座を撮影してたら、良く見る状態に...

R0010413
最近、食欲がおちてきた すのーらん

2018年8月28日 (火)

入道雲

ようやく、朝からクマゼミは静かになってきた。

けど、相変わらずの暑さで入道雲もすごい。ので、撮ってみた。

ASI1600MC-Coolにニコンの50mmレンズ付けてSharpCapで。SharpCapでインターバル撮影できるんぢゃないか?と思って色々やってみたけど、うまく出来なかったので、しょうがなくSERからAVI変換し、MovieMakerで8倍速してみた。

2018年8月25日 (土)

体重測定_20180825

R0010410
すのーらん 39g。最近、レオパブレンドフードしか食べないので、減ってるかも?と思ったけど体重微増。

_20180825
倍くらい(80g)までは増加していくと思うけど、途中何度か鈍化したり減少したりすると思う。

R0010411

R0010412

2018年8月24日 (金)

ブレードランナー

リドリー・スコットのブレードランナー、2019年のロサンゼルスなんだよね、舞台。

あと1年でああなるとは思えないし、2010年に木星にも行ってないし、SF作家が思ってるほどに人類は進まなかったって事...

これがSFなんだと思う。宇宙船が出てきて轟音を響かせてるようなのは、SFとは思わない。

2018年8月23日 (木)

台風、台風

昨夜から、どうなるんだろう?と戦々恐々としてたけど、19号、西側を迂回してくれたようで、強風くらいで済んだ。雨もほとんど無し。

20180822_050232_800
22日の朝、怪しい朝焼けだった(まどかマギカっぽい)。

今度は20号らしく、九州、暴風域入るか否か?って感じっぽい。

明後日(金曜日)、唐津なんだけど、大丈夫だよね...


夕刻、久しぶりに震度4。西区だけ4だったらしい。先日も益城町だけ震度4だったけど、2回とも震度4だった珍しい人になってしまったかも知れない。


中国で豚コレラが大流行らしい。感染したら治療法もないので殺処分らしい。

殺処分された肉が流通して大騒ぎになるに一票。

2018年8月22日 (水)

人工衛星多過ぎ

あぷらなーとさんが盛り上がってるのに、嫉妬して(?)人工衛星って、どのくらい飛んでるのか調べてみた。結果、どの衛星かは特定できなかった(撮影日時がはっきりしてないので、8/14 22:00~くらいで眺めてみただけ。一応観測地はうどん県庁所在地にしてみた)。

0814_2353
北アメリカ星雲付近は、結構、徘徊してる衛星が多そうだ... イリジウムさんもウロウロしてる。

Photo
静止衛星は死ぬほどいるようで、こりゃ、デブリがどうのこうのって問題になるのもうなずけるし、彗星撮ってても、しばしば衛星が写り込んでるのも納得だ。

2018年8月19日 (日)

なんちゃってナロー

M27cmycrop_1024
なんか ASO合成してみたっぽいけど、先日のM27をRGB分解して、CMY合成しただけ。

あぷらなーとさんのリバースパレット合成を見てて、つい、やっちゃいました (^o^;
普通の写真をナローで撮ったように見せちゃうっつー、あまり意味のないイタズラですね (^o^;

体重測定_20180818

R0010402

_20180818
すのーらん、38g。 体重は線形に増加している。

R0010403

R0010404

R0010405

R0010406
今回は、男っぽい感じがする... 相変わらず、シェルターの中からじーっと覗いてて、いきなりガッと飛び掛かるけど。

R0010408_2
気になったので、ひっくり返して撮影してみた。メスですね。多分。

2018年8月18日 (土)

また吉無田行ってみたら

ちょっと微妙でGPVは曇ると言ってたけど、星空指数が、満点の星空だと言うので、調子に乗って吉無田高原行ってみた。

さすが先週の流星騒ぎと違って、誰もいない。キツネもタヌキもいない。

例によって強風。しかも、22時頃でも、かなり涼しくて半袖ぢゃダメなレベルなので、ぺらぺらのウィンドブレーカーする。

まだ半月が西の低空で頑張ってるのに天の川が見えるのでビックリ。明るい対象なら写るよね?ってんで

M27crop
M27, 2018/08/17, 16*120s, GS200RC(20cm F8 Ritchey–Chrétien)+ x0.75reducer , ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping

M27_3_1024
周辺の淡い部分を炙ってみた。こりゃ、もっと時間延ばせば、ナロー使わなくても結構出てくるかも?

さすが M27。月があって、薄雲もある、トホホ条件でもぶりぶり写る。

で、フラット撮影。今回は西の低空で撮る。市街地の灯りと月でかなり明るい。いつも、かなり黒いフラット使てるので、ちょっと明るめで行ってみようって魂胆。

と、車来た。若者ペアが不純異性交遊でもしようってんだろうと思ってたら、こんばんわ~と、おっさま。

天体趣味の方だそうで、やっぱ、吉無田、その系統の人が来る場所だったっぽい。清和は結露するとか、東区のはじっこは辛うじて天の川見えるとかTRY-XはASA400だったとか、諸々雑談しつつ、ペガススの銀河を狙う。

会話が盛り上がってしまって、ふと空をみたら、雲が濃くなって続行困難な感じ。なので、撤収宣言をして別れの挨拶。

Ngc7331_1024
NGC7331, 2018/08/17, 7*180s, GS200RC(20cm F8 Ritchey–Chrétien)+ x0.75reducer , ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping
この銀河はたっぷり露出して撮りたいんだけど、7枚でアウト。

毎度毎度うまく行かない... 相性悪い... レデューサ無しの1600mm(F8)で600secで16枚くらい撮ってみたかったんだけどな...

2018年8月14日 (火)

アトラス彗星_20180812

C2017m4_20180812crop_2
アトラス彗星
C/2017 M4(ATLAS), 2018/08/12.5070, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping, mag=14.9(SI7)

29p_20180812crop_2
シュヴァスマン-ヴァハマン第1彗星
29P/Schwassmann-Wachmann 1, 2018/08/12.6295, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping, mag=15.9(SI7)

37p_20180813crop_3
フォーブズ彗星
37P/Forbes, 2018/08/12.6505, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping, mag=15.9(SI7)

48p_20180813crop
ジョンソン彗星
48P/Johnson, 2018/08/12.6718, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping, mag=13.8(SI7)

66p_20180813crop
ドゥ・トイト彗星
66P/du Toit, 2018/08/12.6947, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping, mag=16.1(SI7)

21p_20180813_1024
ジャコビニ・ツィナー彗星
21P/Giacobini-Zinner, 2018/08/12.7284, 16*180s,  20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping, mag=7.8(SI7)

21p_23crop_2
22:56:31~

21p_20180813crop
02:05:06~

合成方法が違うのでアレだけど、DSSは色が出にくくて、ザラザラ感があるけど、星と彗星が止まってるので、淡い部分が見易い気がする。
SI7でメトカーフした方が画質も良いし色も良く出る。彗星はバックの恒星が流れてる方が似合ってる気もするけど、どっちも捨てがたい...

Photo
吉無田高原でどのくらいまで写るのか確認してみた。 66P周辺。8*180sec。17等級は大丈夫だけど、18等級になるとノイズと誤認しそう。冬はもう少し改善するだろうけど、私の機材では、空が暗い場所で17等級の彗星までと思っておけば良さそう。

吉無田で撮った色っぽいもの

Ngc6820_1024
NGC6820, NGC6823, 2018/08/12,  16*180s,  20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping

なんだか知らないけど、こぎつね座にあったので撮ってみた。かなり淡い印象。

Ngc6823_2_1024
気合い入れて炙ってみた。

Ngc6823_21crop
ぐぐってみたら、NGC6820 ってのは、この小さな白っぽい星雲の事らしい(大きな写真の中央やや右上)。

Ngc7635_1024
NGC7635, 2018/08/12,  16*180s,  20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping

これは知ってる。しゃぼん玉みたいで、カワイイ。炙ると、しゃぼん玉割れそうなので、控えめにしておこう。

Ngc7635_4_1024
控えておこうと言っておきながら、自動レベル調整フラットのテストしてたら、ついつい炙ってしまった... orz

R0010396
撮影から帰って、画像処理して寝て起きたら、雲がうようよいた。

2018年8月13日 (月)

ジャコビニ-ツィナー彗星_20180812

21p_23crop
ジャコビニ・ツィナー彗星
21P/Giacobini-Zinner, 2018/08/12.5977, 16*180s,  20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping, mag=7.8(SI7)

吉無田高原で。夜半過ぎから雲が出るGPVだったので、23時頃撮影したけど、結局薄明まで撮影できるっつー、嬉しい誤算。なので、これはとりあえず。

久しぶりに、らっぱさん、ひでさんと。3人で撮影大会開催は初。吉無田高原、これまで寂しく撮影してたけど、流星群効果か、うじゃうじゃ人が居て、ピークは車が10台くらいいたかも。半分くらい、タヌキやキツネだったかも知れない。

清和に行こうかって話も出てたけど、フェフで混雑してて、撮影どころぢゃねえんぢゃ?って話と強風だったので、清和はダメぢゃ?ってんで吉無田。これ、正解だったと思う。

2018年8月11日 (土)

体重測定_20180811

R0010385

_20180811

R0010387

R0010388

R0010390
順調に育ってる。

R0010377
すのーらん、何が好きか確認してみた。
左から、グラブパイ、ブレンドフード、レオパゲル

R0010378
夜中、こうなってた。左からグラブパイ(くわえて移動、一口食べて落とした)、ブレンドフード(ガン無視)、レオパゲル(1つ食べて、もう1つは移動させて落とした)

R0010381_2
外に落ちてたグラブパイを戻しておいたら、グラブパイ(そのまま)、ブレンドフード(1個食べて、1個移動、1個そのまま)、レオパゲル(完食)

R0010382
2日目。同じく左から、グラブパイ、ブレンドフード、レオパゲル。

R0010384
グラブパイ(そのまま)、ブレンドフード(1個食べて、1個そのまま)、レオパゲル(完食)

明け方確認したら全部無くなってたので、他がなければグラブパイも食べるみたい。

レオパゲルが好きで、次はブレンドフード、グラブパイはしょうがなく食べるって予想通りの結果...

R0010386
グラブパイ、食べる時に、ポロポロこぼすので、アガーをグラブパイの5%くらい混ぜてみたら多少改善した。レオパゲルほどにモチモチではないけど(もっとアガーを増やせばモチモチ感が増すかも知れないけど)。

R0010394
すのーらんのアガーを分けて貰って桃のゼリー作ってみた。美味しくできたよ

2018年8月10日 (金)

ジャコビニ-ツィナー彗星_20180810

21pasflcrop
ジャコビニ・ツィナー彗星
21P/Giacobini-Zinner, 2018/08/09.7654, 16*120s,  20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping, mag=7.6(SI7)

ジャコビニ・ツィナー彗星が明るくなって、カシオペア座にいるので、撮影好機。ベランダで。ざっくりDSSで処理してみた。

21p3_800
DSS に Light:39, Flat:4, Dark:4, FlatDark:4 を放り込んでみた。処理はSIと比べて、物凄く速い。残念ながら色がモノクロっぽくなってしまうけど... Lightを沢山撮っておけば、色も出せるっぽい。

21p_20180810
メトカーフコンポジットもしてみた。16枚で。

これは何ですか?

R0010352
これは何ですか?

R0010353
これは?何?ですか?

R0010355
ペンチ

R0010357
ちっちゃなドライバーも付いてるけど、用途は思いつかない。ナイフとヤスリもあるけど、用途はさらに思いつかない。

R0010359
バッテリ類を入れておくバックに付けておく。ってのが、シガーソケットから12Vを供給するケーブルのヒューズの留め具が硬くて手では回せなかった(小さくて滑る)ので念のために持ち歩く事にした。

もちろん、替えヒューズもいくつか入れてある。

2018年8月 9日 (木)

監禁と粉と秋の雲

一昨日の夜、監禁された。部屋から出る事ができない。

R0010370
犯人はコレ。ドアノブ内部の金具が破損して動かなくったのが原因。

なので、昨日、午後フレックスにしてハンズマン。この部品だけだと1000円もしない。交換も簡単。この金具、ラッチと言うらしい。出たり引っ込んだりする部分からドアノブを回す軸までの距離をバックセットと言うらしい。これは、バックセット 50mm。規格がしっかりしてるのか、あまり悩まず交換できた。


ヒョウモントカゲモドキの人工飼料、レオパゲル、レオパブレンドフードと好調だったので、グラブパイも与えてみたけど、これがびっくりするくらい食べない。ブレンドフートと同じニオイなんだけど。最初、数個食べたけど、まずかったのか以降食べない。

満腹かな?と思ってミルワーム見せると跳び出してくるし、ブレンドフードも食べた。けど、グラブパイ食べない。

爬虫類、拒食が怖いので、無理して与えるのは止めて

R0010371
ミルワームをグラブパイでガットローディング。これで、グラブパイ味のミルワームになる(と思う)ので、これを与えて、1週間後くらいにグラブパイをリトライしてみよう。

レオパゲルを食べたから、人工飼料なんでも食べるでしょ?なんてな憶測は爬虫類には通用しない(レオパゲル、ブレンドフードと比べグラブパイは先発なので、味はいまいちなのかもね)。


R0010372

R0010373
東日本は台風来てるようだけど、こちらは晴れ。8日の夕刻、雲は秋の空。風があって、べったりした暑さではない。涼しくもないけど、もう駄目な暑さではない。台風の影響だろうか...

週末、晴れたら山で撮影(ちゃんと殺虫剤は持って行く)しようかと思ってたけど、九州は台風14号が接近するかもって予報。好事魔多しってヤツかな。

2018年8月 8日 (水)

水前寺界隈を歩く

水前寺界隈を散歩してみた。流石に真昼間は行き倒れになりそうだったので、日没頃。

20180803_175500
水前寺って、庭園か演歌歌手ってイメージだと思うけど、まぁ、普通の街な訳で、清澄庭園だの六義園だのの周辺と大差ない。

20180803_175530
写真、ほぼ中央に、ちょこっとだけ緑が見えてるけど、そこは

20180803_175611
熊野宮熊野坐神社だった。

阿蘇には、最近大人気の上色見熊野座神社があるのだけど、熊野坐神社と熊野座神社って類縁関係にあるのだろうか?(ググったけど、上色見熊野座神社の記事ばかりで面倒くさくなった)。

他にも、浮島熊野座神社ってのもあるようで、これは、「うきしまくまのますじんじゃ」らしい。

上色見熊野座神社は、「かみしきみくまのいますじんじゃ」らしく、この熊野坐神社は、どう発音するのだろうか?

20180803_175625
入ると、何故か国分寺の説明があった。

20180803_175639
先日、徘徊した味噌天神と同じようなカワイイ社。ちゃんと2礼2拍手1礼した。

20180803_175806
サイドビュー。

で、この水前寺界隈だけど、梅雨時は、ホタルがいる。

こんな街中にいる訳ねーぢゃん、ウソつけ!と、私も思う。けど、いる。

20180803_180753
歩いて2~3分で、清流に出る。ここは水前寺公園から流れ出てるんだと思うけど、飲めそうな水がガンガン流れてて、アユとかオイカワとかカマツカとかが見える。

20180803_181131
バナナもある。このバナナ付近はあちこち湧水があるんだと思うけど、ここらにホタルいる。100のオーダーで飛んでた。

20180803_181802
この透明度。飲めそうな水。これ、さっきの街中な訳で、なんか水前寺すげーな...と思った。

Photo
熊本市電の水前寺公園で降りて徘徊すると面白い。ホタルは〇印より、もっと南側広範囲にいる。

2018年8月 6日 (月)

ヒョウモントカゲモドキの餌を考える

ヒョウモントカゲモドキ、以前は、ミルワームやコオロギ、デュビアなどの生きた昆虫を与えていたので、必然的にそれらも飼う必要があるし、与える必要もあった。

これはかなり高い障壁なハズで、ここがダメなのでヒョウモントカゲモドキは諦めて、フトアゴヒゲトカゲやリクガメに流れるケースは想像に難くない。

すのーりんを飼育しようと思ったきっかけも、実はここにあった。レオパードゲッコーフードってので飼育できるって情報を得て、久しぶりに飼ってみようと思ったのが、2012年5月

レオパフードで飼育する目論見は残念な結果に終わって、コオロギやデュビアとの同居が始まってしまった。

ところが、ここ数年、状況は本当に変わってきたようで、3種類の優秀な人工飼料が登場してる。

登場順で、グラブパイ、レオパゲル、レオパブレンドフード。

どれが良く食べるか?って議論は不毛で、キミは、ウドンとソバとラーメンでは何が好きか?とか日本酒とワインと焼酎どれ飲む?と聞いてるようなものなので、回答は回答者に依存する。そのくらい甲乙付け難いレベルで食べるようだ。

だから、餌を考える主眼は、扱いやすさ(与えやすさ、保存しやすさ、コスト)になる。


1. 与えやすさ

与えやすさは、作りやすさ・持ちやすさ・食べやすさとも言えるだろう。

グラブパイは、熱湯を加えてかき混ぜる。 グラブパイ:お湯=1:2 くらいらしい。

R0010365
グラブパイ、結構な量(170g)あるので、少量に小分けして、

R0010366
残りは外気遮断の上、冷蔵庫・冷凍庫に入れておく。小分けしたものも冷蔵庫保管が良いだろう。

R0010368
フタが出来て熱湯入れることができる容器(ジップロックとか)に粉末入れて、コーヒーカップに少量(50mlくらい)の水入れて、レンジで加熱して加えたのち、割りばしで素早くかき混ぜる。
熱いうちは、ドロドロしているが、冷えてくると固まってくる。

R0010369
冷えたら、爪楊枝を使って与えやすいサイズにする。ベタベタ感はなくて、ボロボロになりそうな感触。
成分に乾燥海藻粉末が含まれているが、恐らく寒天。だから、グラブパイは、爬虫類用水羊羹と思っておけばいい。

レオパゲルは、非常に簡単で、作る手間は何もない。チューブから出して、ピンセットで小さくするだけで良い。
レオパゲルは、粘度が高い。レオパゲルの成分にも海藻粉末があるが、こちらは寒天ではなく、アガーだろう。プルプル度が高い(と言うかグラブパイ、ブレンドフードはプルプルしていない)。

ブレンドフードは、乾燥したペレット状だが、水(お湯)で戻した後、与える。

R0010236
左:レオパゲル、右:ブレンドフード

3分くらい戻すらしいが、グズグズになりやすいので、2分くらいにしている。戻した後はピンセットで持ち上げるとボロっと崩れる事がある。これは食べる時も同じで、食べつつ、よくこぼす。

食べている時に、崩れてこぼさないのはレオパゲルだけで、グラブパイ、ブレンドフードは良く落とすので、置き餌は容器の上に置いておくのが良い。

2. 保存しやすさ

保存は冷暗所が基本と思うが、外気を遮断するのが重要だろう。酸化を遅らせることを考慮すれば、真空保存してしまうのが良さそうだが、そこまで面倒な事は出来ないので、フリーザーバッグに入れて冷蔵保存している。

ただし、レオパゲルはダメで、開封後は冷蔵庫で保存して1ヶ月で廃棄するようにしている。

グラブパイ、レオパブレンドフードは、乾燥状態で冷蔵庫または冷凍庫で保存すれば1年くらいは大丈夫だろう。

お湯を加えて作ってしまったグラブパイは冷蔵庫で1週間が限界だろう。

3. コスト

コスト的には、

グラブパイ < ブレンドフード < レオパゲル

だろう。レオパゲルは与えやすさ抜群だが、1ヵ月のリミットがあるので、毎月1180円(定価・税別)が必要。

グラブパイとブレンドフードは乾燥重量比較で

グラブパイ(170g, 2500円くらい) : ブレンドフード(60g, 1300円くらい)

なので、グラブパイがコストパフォーマンスは良さそう。

ちなみに、レオパゲルは60gだが、グラブパイが1:2で加水して作る事から類推すると、同程度に乾燥させた重量は、20g。割高感はあるが、作る手間を考えれば、これはこれでアリと思う。

4. 総合評価

与えやすさ レオパゲル > ブレンドフード > グラブパイ

保存しやすさ ブレンドフード > レオパゲル > グラブパイ

コスト グラブパイ > ブレンドフード > レオパゲル

と思った。グラブパイはなかなか良いのだが、「お湯を加えて混ぜて冷やして固めて切る」のが、面倒くささを倍増させている。これが「水を加えて...」だったら、もっと評価は高い(そこを狙ったのがブレンドフードか)。

レオパゲルはあんこ風のニオイ、ブレンドフードとグラブパイはかっぱえびせんのニオイなので、どれも悪臭と言うほどではない(決して美味しそうなニオイでもないが)。

結局、ブレンドフード、グラブパイの併用で、たまにレオパゲル... に落ち着きそう。コオロギやデュビアを与えるようにならない事を祈るばかり。

※グラブパイ、プルプル感が無くて、途中で落として床を汚すので、アガーを加えて硬さを調整してみようと思います。

この動画は、とても良く出来てます。3種の人工飼料を3個体に与えたら、結果が3通りだったようで (^o^)

※すのーらんは、 ブレンドフード > レオパゲル > グラブパイ みたいです。
グラブパイ、大量にあるんだよなぁ... (-_-; 濃さを変えて、アガーも入れて作ってみよう... 

2018年8月 5日 (日)

体重測定_20180804 & ヒョウモントカゲモドキ邸を考える

R0010340

_20180804
順調に育って 29g 。お腹がぽっこりしてきて、ヒョウモントカゲモドキ体型まっしぐら。

R0010341

R0010342

R0010343

R0010344
左後ろ足の人差し指(?)が短い。多分、奇形ではなくて、ショップにいる時、うまく脱皮できずに欠損してしまったのだろう(湿度不足)。特に運動に問題があるような感じはない。


すのーらん、おそらく居住環境はかなり上位だろうと思う。

R0010345
90cm 水槽でシェルターは大小5個ある(うち1個はウェット)。クリーム色は水入れ。茶色は餌入れで、ここに置き餌にしてると朝無くなってる。

R0010346
食事用の小物と体重測定用の秤。

R0010347
銀色のものが上から遠赤外線を出す「暖突」。これまで金網直結してたけど、90cm水槽、高さが45cmあるので、10cm程床に近付けてみた。もちろん、こんな気温の高い時期には発熱しない。

R0010348
温度制御用サーモスタット。直列接続で冗長化してあるけど、暖突が連続動作した場合にどのくらいの温度になるのかは測定したことがない。

R0010349
床下はフィルム・ヒーター。こちらはサーモスタット内蔵。フィルムヒーターは片側だけで、水槽写真の左側が上下に保温器具があり、右側は無い状態。
これで左右で温度勾配をつける目論見なので温湿度計も2個配置してある。

R0010351
暖突では、昼の時間帯だけ加温して、夜はフィルム・ヒータだけで1日の温度変化を付けるのも良さそうだけど、どのくらいの寒暖差か要チェック。
繁殖を狙うなら、ある程度の寒さを経験させる必要があるかも知れないけど、その計画はないので、拒食にならないように夜最低20℃~昼25℃くらいで調整してみようか...

2018年8月 4日 (土)

フラット用のアレを考える

昔、フラット用のアレは、アクリルで作ってた。

Dscn0279
こんなのね。

フラット用のアレが出来ました

フラット用のコレは被せるだけでいいので、結構使ってたけど、なんだかんだで、アクリルなので嵩張るし、風で飛びそうになる。

ので、最近は、ビニール袋を使ってた。

R0010264
こんな感じね。ビニール袋、街灯とかあるとダメなので、フードは必須なんだけど。ビニール袋、嵩張らないけど、風で飛びやすすぎで、フード被せようとモタモタしてると、どっか行く。

ので、作ってみた。

R0010325
ビニール袋の中にトレーシングペーパー挟んで、四隅を折って、ガムテで止める。

R0010326
マジックテープのバンドを通す。

R0010327
こんな感じの用途不明なモノができる。

R0010328
鏡筒に被せて、マジックテープで止める。

R0010329
フード装着。

R0010331
覗き込むと、こんな感じで、もちろんシワになってる。

シワがあっちゃフラットなど撮れんッ!みたいなオシカリが飛んできそうだが、ビニール袋でフラットを撮ったサンプルがコレ。

Dss_flat
ビニール袋で、このくらいの効果はある。
フラットに大枚出せる人はそうすればいいけど、なるべくお金使わないようにしないとママンに叱られる人は、こんなお手軽なモノでもフラットは大丈夫と思う。

ビニール袋はそこそこ透明度が悪い方がいいみたい。透明度が高いとSIではうまく処理できない事がある。そんな時もDSSだとうまく行った(上の例がそうだった)。

APTのFlat Aide でフラット時間を求めれば、もっといいフラットが取れると思うけど、手抜きなので、何も考えずに、フラットとライトを同じ条件(GainやExp, Temp)でやる時は、向こう側が透けて見えない程度に白いビニール袋(コンビニの袋みたいな)がうまく行くっぽい。

ビニール袋四隅止め、やってみたら、結構使い難い... orz
(作りがチープってのもあるけど、こっちを押さえるとあっちがズレる的な昔のドリフターズのコントみたいな状況に陥る... orz)

フラット撮影時、周囲の灯りがビニールなり、アクリルなりに写り込むと、盛大にムラムラになるので、フード必須なのだけど、アクリルだとフードが難しいのでビニール使ってた。
けど、口径ギリで加工して、4箇所ヒモ的なモノを付けて、マジックテープバンド固定するような構造だと、もう少し使いやすくなるかも...

いっそ、逆転の発想でフラットになるようなフィルターでも探してみる?(ないだろうなぁ)
鏡筒の前にフラットにするモノを置くのではなくて、カメラ直前に入れちゃえば?って発想なんだけど...

あ!フィルターの枠だけにして、トレーシングペーパーをフィルター替わりに仕込むってどうよ?
で、電動フィルターホイールに仕込んでしまえば、フィルターチェーンジ!エクスポージャースタートってお姉さんが言うだけでフラット撮影できちゃうよ。これは御洒落だし、メンドクくささ激減な予感。

ん?んんん?... そもそもフラットってなんだっけ?周辺減光やカメラ、フィルターのゴミの影響を補正するもの... だよね。

周辺減光やカメラ、フィ... ぎゃぁぁぁ...

2018年8月 3日 (金)

m-gen を バッテリでやってみる

R0010333
m-gen をエネループで使ってみた。最近のモバイル・バッテリーはスマホ充電用なので、m-gen だと勝手にoffになっちゃって、m-gen もご臨終になるらしい。

R0010335
21:00~04:00までやってみた。エネループのLEDが緑からオレンジになったけど、赤ではないので、もう少しは頑張れそう。

(多分)冬場でも一晩持ちそう。たいして電力消費しないので、赤道儀なんかと一緒に12V供給しちゃえばいいけど、バッテリでも大丈夫なのは確認できた。

エネループで m-gen 使えば、勝手に切れたりしませんでした。メデタシ?(エネループって化石的バッテリーだと思うので、入手できるかどうか分かんないって致命的な問題があるけど (^o^;  テストに使ったのは、3.7V/5400mAh(20Wh)です。たまたま持ってたモノ。
(今見たら、ヤフ〇クだと、新品が1500円即決で出てますね)

2018年8月 2日 (木)

はみ出す

R0010324
すのーらん、最近、育ってきたせいか、ちょっと、はみ出して寝てる事がある。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »