2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« m-gen を バッテリでやってみる | トップページ | 体重測定_20180804 & ヒョウモントカゲモドキ邸を考える »

2018年8月 4日 (土)

フラット用のアレを考える

昔、フラット用のアレは、アクリルで作ってた。

Dscn0279
こんなのね。

フラット用のアレが出来ました

フラット用のコレは被せるだけでいいので、結構使ってたけど、なんだかんだで、アクリルなので嵩張るし、風で飛びそうになる。

ので、最近は、ビニール袋を使ってた。

R0010264
こんな感じね。ビニール袋、街灯とかあるとダメなので、フードは必須なんだけど。ビニール袋、嵩張らないけど、風で飛びやすすぎで、フード被せようとモタモタしてると、どっか行く。

ので、作ってみた。

R0010325
ビニール袋の中にトレーシングペーパー挟んで、四隅を折って、ガムテで止める。

R0010326
マジックテープのバンドを通す。

R0010327
こんな感じの用途不明なモノができる。

R0010328
鏡筒に被せて、マジックテープで止める。

R0010329
フード装着。

R0010331
覗き込むと、こんな感じで、もちろんシワになってる。

シワがあっちゃフラットなど撮れんッ!みたいなオシカリが飛んできそうだが、ビニール袋でフラットを撮ったサンプルがコレ。

Dss_flat
ビニール袋で、このくらいの効果はある。
フラットに大枚出せる人はそうすればいいけど、なるべくお金使わないようにしないとママンに叱られる人は、こんなお手軽なモノでもフラットは大丈夫と思う。

ビニール袋はそこそこ透明度が悪い方がいいみたい。透明度が高いとSIではうまく処理できない事がある。そんな時もDSSだとうまく行った(上の例がそうだった)。

APTのFlat Aide でフラット時間を求めれば、もっといいフラットが取れると思うけど、手抜きなので、何も考えずに、フラットとライトを同じ条件(GainやExp, Temp)でやる時は、向こう側が透けて見えない程度に白いビニール袋(コンビニの袋みたいな)がうまく行くっぽい。

ビニール袋四隅止め、やってみたら、結構使い難い... orz
(作りがチープってのもあるけど、こっちを押さえるとあっちがズレる的な昔のドリフターズのコントみたいな状況に陥る... orz)

フラット撮影時、周囲の灯りがビニールなり、アクリルなりに写り込むと、盛大にムラムラになるので、フード必須なのだけど、アクリルだとフードが難しいのでビニール使ってた。
けど、口径ギリで加工して、4箇所ヒモ的なモノを付けて、マジックテープバンド固定するような構造だと、もう少し使いやすくなるかも...

いっそ、逆転の発想でフラットになるようなフィルターでも探してみる?(ないだろうなぁ)
鏡筒の前にフラットにするモノを置くのではなくて、カメラ直前に入れちゃえば?って発想なんだけど...

あ!フィルターの枠だけにして、トレーシングペーパーをフィルター替わりに仕込むってどうよ?
で、電動フィルターホイールに仕込んでしまえば、フィルターチェーンジ!エクスポージャースタートってお姉さんが言うだけでフラット撮影できちゃうよ。これは御洒落だし、メンドクくささ激減な予感。

ん?んんん?... そもそもフラットってなんだっけ?周辺減光やカメラ、フィルターのゴミの影響を補正するもの... だよね。

周辺減光やカメラ、フィ... ぎゃぁぁぁ...

« m-gen を バッテリでやってみる | トップページ | 体重測定_20180804 & ヒョウモントカゲモドキ邸を考える »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

最後の一行に、「良い子はマネをしないでください」って欲しいですね。夏休みだし。(爆)
オヤジは、業務スーパーのような所で買ったスーパーの袋、黄色味がかって、今度は、けむけむさん風のに代える予定です、
フードに被せて手提げ部分をフードに張り付けられると便利ですが、縫い代がど真ん中で、残念ですがハサミが必要ですね。(汗)

なかなかいいビニール袋、ないんですよ(-_-;)

自分がやってみたなかでは、スーパーのレジ袋が一番よかったという結果でした(汗)

スーパーのレジ袋良さそうです。
こちらは、燃えるゴミの袋が成績良いです...

あまり他の方の真似っこをしないのが信条の私は、天文復帰後も、当分LEDトレース台で頑張ってみます。
と言いつつ、最近LEDトレース台使う方が増えてきたようですが(笑)。ホントはビニール袋+スカイフラットが最強っぽいとは思ってるんですがねぇ。

LEDトレース台頑張ってください。
撮影現場と同じ構成(取付角度)が再現できるのであれば、どこでも撮影できて、
調整できる光源を使うのが便利とは思うのですが、撮影地からの移動時の振動や
カメラの取付角度をキチンと合わせる自身がないので、撮影時に一緒に撮影...
ってな消極的な理由でビニール袋(のようなモノ)の利用が続きそうです...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/73958973

この記事へのトラックバック一覧です: フラット用のアレを考える:

« m-gen を バッテリでやってみる | トップページ | 体重測定_20180804 & ヒョウモントカゲモドキ邸を考える »