2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« ASI385でタイムラプス すばる編 | トップページ | APTへの天体の追加(ステラナビゲータ連携) APT_COG »

2018年9月11日 (火)

ASI385でタイムラプス ニコンレンズ装着編

ASI385 に、ニコン用のマニュアル・フォーカス・レンズ(激安)を使って、タイムラプっちゃうんだぜって企画、ピント出ね~よ...orz とトホホってたら、タックさんから、『短くするんぢゃなくて長くしたらピント合うんぢゃね?(ほんとは、綺麗な日本語です)』とコメント頂いた。

おおおおう、神の啓示だよ、これ!と思ったので、仕事放り出して帰って調整しようと思ったけど、好事魔多しで、夕刻まで仕事... (働き方なんとかの影響で、午前中のコアタイム以外は自由にサボれる(?)って身分になったけど全然活用できない)。

で、満を持してやってみました。

New2
見事、無限遠出ました ヽ(´▽`)/  タックさん、ありがとうございます!

35mmで撮ったので、昨夜のタイムラプスより、やや狭い。

R0010443
撮影風景

R0010444
この、薄いニコン=M42変換アダプタを使った時は、 24mmくらい延ばせばOkでした(M42の10mmとか5mmとかの延長筒を組み合わた)。

R0010447
ZWOのminiEFWが20mmなので、ギリで使えそう(タイムラプスでEFW使うかな?とも思うけど)。

R0010446
笠井さんのファインダー支持脚をばらしてアルカスイスにしたのを使ってみた。この位置だと前が重くてバランス悪いけど、ピント調整しようと思うと、この位置がやり易い...


ニコン=M42の薄型アダプタはこれ(激安)。製品説明には、『アダプターNikonカメラにM42ネジマウントレンズを使用できます』って書いてあるけど、ウソで、『NikonレンズをM42ネジでマウントできます』が正しい(写真を信じるか説明を信じるか博打で買ったら読み通りだった)。

« ASI385でタイムラプス すばる編 | トップページ | APTへの天体の追加(ステラナビゲータ連携) APT_COG »

タイムラプス」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

けむけむさん、 無事に合焦してよかったですね。

私も2013年ごろ、カメラレンズを使用して 冷却CCD+フィルターフォイールで撮影できないかといろいろ試したのですが、CANON EFレンズ->TSEOS-Tマウントアダプター-> EFW2 -> ATIK 383L の接続の場合、52mm = 13mm+22mm+17mm となり EFレンズのフランジバック 44mm を超えてしまい残念ながら合焦しませんでした。 もうすこし別の作戦を考えます。

いいなぁ、 けむけむさんのシステムではFFWが使えそうで。 夢広がりますね!

だんだん格好良くなっていきますね。現地では、晴れていれば星野用に、曇っていればタイムラプス用にと柔軟に対応できそうです(^^)

To タックさん

 お陰様で合焦しました。助かりました。多謝!
Canonが少し短いのでEFWは厳しいのでしょうか... タイムラプスでEFWは不要な気がしてますが、光害カットフィルターは試して見たいので、今度確認のためにやってみようと思います。
ただ、そんな事を考え始めると、ASI385MC-Coolが欲しくなってきました (^o^; 冷却同士だと何も悩まずに流用できますよね (^o^; タイムラプスは、激安のもっと短い C/CSマウントレンズが良さそうな気もします。

To にゃあさん

>現地では、晴れていれば星野用に、曇っていればタイムラプス
って、目論見ですが、『タイムラプスばっかしぢゃあ!』って愚痴書きそうです...
と、全面曇ってしまうと、タイムラプスもトホホになります...

けむけむさん、

> タイムラプスは、激安のもっと短い C/CSマウントレンズが良さそうな気もします。

極端に F が短いC/CSマウントレンズはけられてしまいますので、いまいちですよ。 

ご参考までに 

https://teraoblog.wordpress.com/2018/09/11/asi-385-mc-%E7%A8%AE%E3%80%85%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA/

確かにそんな感じなので、先日の天の川はROIしました
タイムラプス写ってる範囲が狭いといまいちなので、試行錯誤中です

ニコンレンズでもうまく合焦しましたかー。おめでとうございます!

えっ!
冷却版もいっちゃう?!

どう考えても冷却が便利そう。どこかに落ちてないかなぁ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/74193270

この記事へのトラックバック一覧です: ASI385でタイムラプス ニコンレンズ装着編:

« ASI385でタイムラプス すばる編 | トップページ | APTへの天体の追加(ステラナビゲータ連携) APT_COG »