2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 続・BKP200 枝毛処理 | トップページ | ぼくらの »

2018年9月25日 (火)

これは何ですか?

R0010524
これは何ですか?

R0010525
一応、両側にカバー的なモノが付いてるけど、ペラペラで風が吹いたら飛ぶようなモノ。

それもそのはず

大陸から船で来たのか、注文から到着まで2週間。にしても、Cマウントレンズが 314円とは...
写真と現物が微妙に違う気もするけど、そこは、触れちゃいけないお約束。

R0010519

ASI385MC に直結で良さそう(なので、CSマウントって事かも)。

これを使って、タイムラプスしようって魂胆。で、いつもの遠景を撮ってみる。

Capture_00002
おおう、無限遠出た。中心でピント合わせると周辺部は、合ってない。まぁ、そうだよね、314円だもん... ん?んん?んんんんッ?

314
左:314円レンズ+ ASI385MC 右:コンデジ(RICOH CX4)。

肉眼ではボンヤリとしか見えていない山が、恐ろしいまでのディテールで迫ってきてるッ!

これ、多分、赤外線だよね... それも、夏、海に持ってっちゃいけない系の性能な予感。

たしかに、314円レンズ "IR" と書いてある。これって、防犯カメラとかで赤外に特化したレンズなの?
だとしたら、それはそれで面白そうなんだけど。あ、天体写真の話ですよ、モチロン。てへ。

Photo
北極星を撮ってみたら、中心部はいいけど、周辺部はまるで明比較合成でもしかたのように伸びてる。
これ、4秒露出なので、点像にならなきゃ変。まぁ、314円だから... (^o^;

R0010510
タイムラプス用に、こんな構成も準備しておいた。マニュアルズームレンズ(35-105mm)に、x0.43のワイコンを付けてある。

R0010523
こいつは、中に、光害カットフィルターとか仕込める。

__2
北極星を撮ってみた。こいつは、35mm*0.43 = 15mm くらいと思ってたけど、 CCTV 16mm より画角狭いね。周辺部の変さ加減は、かなりマシ...

こうなると、ASI385MCに標準添付されてた 2.5mm レンズが一番具合がいいっつー... orz

_2
LiveStack で10分放置してたら、こうなってた。ノイズが円弧を描いてるっつ~。

« 続・BKP200 枝毛処理 | トップページ | ぼくらの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

なんだろう、外に向けたカメラがスゲー怪しいものに見えるのは、私だけでしょうか!?

ASI385MC、よさそうですね。

実際には、これをベランダ側(外側)に出しちゃうので、怪しさは満点になります (^o^;

314円のレンズって、原価いくらなんですか! 周辺のゆがみもタイムラプス用なら味になるかも。NEEWERが高級ブランドに見えてきましたよ(汗)

今、撮ってますが、あんまりいい味ではないです... やっぱ、314円...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これは何ですか?:

« 続・BKP200 枝毛処理 | トップページ | ぼくらの »