2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« ASI1600MC-CoolとSharpcapでタイムラプス & かなりハミ出す | トップページ | 体重測定_20180901 »

2018年9月 1日 (土)

雲が流れてたらタイムラプスしよう

望遠鏡で撮影するには雲が多過ぎる。けど、晴れ間もある。

こんな時は、タイムラプスしよう。雲が流れてたらタイムラプスしよう。

(※「晴れた日には公園に行こう」的なタイトルにしたかっただけなんだけど、そもそも「晴公」なんか誰も覚えてないような気がする)


天の北極方面を撮ってみた。リアルタイムにぐるぐる回すぞ!と思ったけど、そんな長時間撮影してないので、もちろん星の動きは分からない (^o^;

こぐま座の「ひしゃく」が見えたら、そこは、かなりいい暗さって指標にしてる。もちろん、肉眼では3個しか見えてない。


ダークとフラットをfits撮影して、SharpCapに放り込んでテスト撮影してみた。カラフルになったので、思い切って彩度を上げてみた(SerPlayerで調整できる)。
フラット使ったので、ゴミは目立たなくなったみたい(星空4だと左上あたりにゴミがある)。

阿蘇方面を移してるのだけど、近くに見えてる山の奥が妙に明るい。多分、「光の森」って熊本市の辺境新興住宅街(?)あたりではないか?と思う。ホントに光の森だよ...orz

コンビニの灯りがあるので、フラットがうまく撮れない... ちょっと変な感じだけど、今夜はこれでやってみよう (-_-;

« ASI1600MC-CoolとSharpcapでタイムラプス & かなりハミ出す | トップページ | 体重測定_20180901 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

BGMのチョイスもセンスの一つにはいってきますね。まずは気軽に何か撮って作ってみようかしらん。

やってみると面白いと思いますよ。都市には都市のタイムラプスもあると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲が流れてたらタイムラプスしよう:

« ASI1600MC-CoolとSharpcapでタイムラプス & かなりハミ出す | トップページ | 体重測定_20180901 »