2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« タイムラプスを調べる | トップページ | 普通の日記 »

2018年10月 3日 (水)

M31 を固定撮影してみる

にゃあさんが、自慢のAZ-GTiを駆使して楽しそうだ。貧乏で買えないので、三脚に固定したカメラで真似してみた。

実は、ちょっと前にあぶく銭が入ったのだけど、熱帯雨林で(IRが写るけど周辺が弧を描くレンズみたいな)訳のわからないオモチャを鼻歌交じりに買ってたら無くなってた。杜子春のように足元を掘りたくてしょうがない... orz

で、どうしたか?っつーと、激安 25mm Cマウントレンズに C-CSアダプタ履かせて ASI385MCに装着。
普通の三脚に積んでタイムラプスと同じように撮影。
で、ゴソゴソ。

M31fl

Fits で32枚撮影し、SI7で普通にコンポジット

02_45_50_g4_ap1fl
SERで数分撮影し、AS!2でコンポジット

M31_livestack32fl
SharpCapの LiveStack で32回スタック

いずれも露出は5秒。

5秒で32枚くらいなら(この画角だと)、周囲の回転は目立たない。5分位やっちゃうと目立つ。LiveStackだと回転しないけど、パンの耳登場。

その時の状況を動画で見ると、こんな感じ。いつもタイムラプスしてる速度(5秒露出を1コマにする)だと、5秒で終わっちゃったので、数倍ゆっくりにしてある。

追伸
自動導入できないので手動導入なのだけど、ベランダでカメラの裏側から見ることすら出来ないので、角度と方角を適当に合わせて、エイヤ!と叫んだら導入できた。

« タイムラプスを調べる | トップページ | 普通の日記 »

タイムラプス」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

星野のタイムラプスも幻想的ですね。宇宙遊泳しているみたいです!

なんと、ライブスタックならば普通の三脚でも(並進ズレと回転ズレの両方を補正して)コンポジットされるってこと?!

個人的にはビックリ仰天の結果なんですけど、ひょっとしてコレって常識でした???

To にゃあさん

 じわーと動きます。赤道儀に積んでタイムラプスも面白いかも。
人工衛星多いところとか。

To あぷらなーとさん

 ShapCapの LiveStack スグレモノですね。
並進ズレと回転ズレの両方を補正してコンポジットされます。
それなりに常識となりつつあるかと (^o^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/74319338

この記事へのトラックバック一覧です: M31 を固定撮影してみる:

« タイムラプスを調べる | トップページ | 普通の日記 »