2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
フォト
無料ブログはココログ

« これは何ですか? | トップページ | 体重測定_20181020 »

2018年10月19日 (金)

ううむ、困ったもので...

先週、吉無田高原で雲に嫌がらせされてたけど、それだけではなくて、ディザリング出来なくなって難儀してた。

で、色々調べて見たら、どうも、m-genが腐ったっぽい。スタンドアロンでは動作するけど、USB接続しても認識されない。複数のPCでやってみたけど、事象は同じなので、外部と接続できない状態になっちゃってるっぽい。

しょうがないので

R0010573
こうしてみた。 60mmØ F4 のファインダーをガイドスコープにして、ガイドカメラは、 ASI385MC。どひー。

R0010574
晴れてたのでベランダでテストしてみた... んだけど、テストにならない。

ガイドがどうのとか関係ないほど、強風。ニュートンがピーピー鳴るとは思わなかった(牛乳瓶の上で息を吹くのと同じ現象と思う)。

Hc0

Hc1
APT から PHD2 にディザリング... と思ったけど、さすがニュートンが鳴くほどの風だとグダグダ。
でも、無理矢理やってみる。

Sadr_2
真上にサドルが居たので撮ってみた。あれ?こんなに赤かったっけ?

Cep
どうも周辺減光が赤くなっちゃってるっぽい。

しばらくしたら風が弱くなってきたので、どこか分からないけど撮影してみて

Phd2
強風だった割に丸い。

Photo
位置合わせしないでコンポジットすると、微妙にズレてるのでディザリング出来てる(と思いたい)。移動量を調整しないと、すごく小さいみたいだけど(ま、いっか)。

つー訳で、 800mm に ASI1600MC を付けたのを 240mm に ASI385MC でガイド出来そう。でも、ASI385MCは、タイムラプスとか海の家とか用途色々なので、ガイド用カメラを調達しよう。

今回も、微妙に ASI1600, ASI385 が競合してたっぽい。ステラナビもASCOMで接続してたら、2回切断されてた。うう~ん...


寝ようと思って布団に潜り込んだら降りてきた。

ASI1600, ASI385 が競合ってのは、どっちも ZWO ASI Camera だからぢゃね?

なので、徹夜でパズル。

R0010578
デジタル・ファインダーと急造ASI385ガイドスコープを分解して再組立て。

R0010579
ガイドは、これでやってみよう。 100mm のCマウントレンズ(KOWA LM100) をM-GENからQHY5L-II-C に付けてみた。
M-GEN の CMOS は、1/4 インチ。対して QHY5L-II は、1/3 インチ。ちょっと広くなってしまうのでガイド精度はどうだろうか? 800mm はいけるだろうけど、1200mmは苦しいかな? ASI120MM も 1/3 だな... これでオートガイドしてる事例をググってみよう。

R0010580
デジタル・ファインダーは、17.5~75mmのCマウントズームレンズに ASI385MC付けてみた。アライメントは、SharpCapを2つ上げてやるけど、安定しているので、ASI385MC, ASi1600MC でも大丈夫と思う。

R0010581
ドットサイトは、これまでも登場する機会は少なかったので、ファインダー台座に乗せよう。多分、多くても、一晩で2回しか使わない。

R0010288
このデジタル・ファインダー、メカメカしくて気にいってたんだけど... 重くて、実用性は聞いちゃ駄目状態だったから、色々改善しそうな気もする (^o^;


R0010582
これでバッチシと思ってたら、デジタル・ファインダー、合焦しないっつー (-_-;

C-CSマウントのゲタが不要だったようで、外して 75-50mm の範囲は合焦したので、良さそう... だけど、カメラが干渉してアルカスイスが付けられないっつー... orz

R0010583
急遽、これで凌いだけど、こんなの嫌なので、どうするか悩まなきゃ (-_-;


_75mm
ファインダー 75mm

_50mm
ファインダー 50mm

Photo_2
オートガイダー

ほぼ、これ、レンズの差だよね... で、やっぱ、ASI385 赤外感度高い...

Asi385_240mm
昨夜、800mm をオートガイドした時の 240mm ファインダーに ASI385MC。

こりゃ、かなり差がありますねぇ... 大きいから 240mm 使うの躊躇してたけど、 240mmに QHY5L-II を付けるのが順当な気がしてきた。

そしたら、100mm に ASI385MC つけたのをファインダーにしちゃえばいいか...


しました (^o^)

R0010585
240mm のファインダーを使ったガイドスコープ
100mm の Cマウントレンズを使ったファインダー

R0010586
ファインダー安定させる方法を悩んだけど

R0010587
M5 の 20mm ボルト(\39) を M6 ナット2個(\8*2)を経由して支持金具を固定した。車で数分のところに、ボルトやナットを単品バラ売りしてくれるところがあるので、こーゆー時は大助かり。

Asi385_100mm
ファインダー画角

Qhy_240mm
オートガイダー画角

これでやってみよう。昨夜より狭い範囲でガイドするので、1200mmでも行けるかも知れない。ファインダーの画質は無駄(?)に向上しちゃうね。

« これは何ですか? | トップページ | 体重測定_20181020 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

歌うニュートンは夜中にホラーですね。まさかのM-GEN一軍落ちですか? 故障なら仕方ないですよね。うまくいくことを願っております!

風であんな音がするとは思いませんでした。良い子は強風の日に撮影なんかしちゃダメです。
ベランダだからいいけれど、誰もいない山であれは怖いと思いました (^o^;

夜中にピューピュー歌うニュートン!
まさに怪奇現象(笑)。

しかし、ASI385は赤外感度高そうですね。
R72あたりを付けて(いつぞや私がやったように)昼間の風景とか如何ですか??
面白いですよー。
いや、ビーチとかじゃなくて(笑)

ASI385 は赤外、すごい感じるようです。
なので、 ZWO の IR Pass 使って赤外線天文学しようかと思ってます。ホントはビーチがいいんだけど...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ううむ、困ったもので...:

« これは何ですか? | トップページ | 体重測定_20181020 »