2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« ASI1600 + EFW + カメラレンズの接続 | トップページ | 体重測定_20181027 »

2018年10月27日 (土)

オートガイド体制変更を確認する

諸般の事情でオートガイドを 240mmのガイドスコープ + ASI120MM に変更した。ので、PHD2でどのくらい頑張るかの確認。

と... その前に、25mm + QHY5L-II-C での極軸合わせの確認。

Hc0
問題なくOk。この程度の精度なら楽に調整できる。

次、アライメントで星が最初から入ってくるか?の確認。

Hc1
最初の星

Hc2
2番目。ここまで西側

Hc3
3番目。グルっと回って東側

最初の星が少し離れているので、50mm以上のレンズだと無理そう。なので、このまま25mmで継続するけど、13mm + AR0130 は、外してて良さそう(持ち出し機材には含めておこう)。

いよいよ、1600mm のオートガイドの確認。ほぼ満月なので、写りはアレだろうけど、確認したいのはガイドがどの程度流れるか?なので、Hαで600秒露出してみた。

1600mm_600s
GS-200RC(1600mm F8) を 600秒露出で4回撮影してみた。上2枚はほぼ丸いけど、下2枚は楕円。風は微風だったので、50%の成功率くらい。1600mmで600秒は限界かな?って感じ。

M27
M27。4枚なので、アレだけど、こんななりました。

1600mm_600s_2
同じ条件で8枚撮ってみたのも、同じように 50% は、かなり丸いけど、残りは、やや伸びている。

M76
M76。同じ条件なので、大きさを比較できるけど、まぁ、おおぐま座とこぐま座くらいの違い(?)はありますねぇ。

Ngc40_allcrop
NGC40, 2018/10/25.5784,  48*60s, GS-200RC(20cm F8), ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/4 Cropping

Ngc40_allcropfl
久しぶりに秘術処理

60秒程度なら、1600mmでも無問題。なので、明るい惑星状星雲は大丈夫だけど、銀河を狙うのはどうかな?って感じ。もっとも、F8は暗いので、DSOは基本 F6にして使うと思う。

Ngc40_allfl
M27, M76 と同じ画角だと、こんなに小さい。EFW久しぶりに引っぱり出して使ったら、結構汚れてたみたいで... orz

Ngc7662crop
NGC7662, 2018/10/25.6202,  64*20s, GS-200RC(20cm F8), ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/4 Cropping

Ngc7662_1024
DSSだと64枚のfitsを放り込んで10分くらいで勝手に処理してくれた。処理しながら、なんでROIしなかったの?と自問したけど、こうやってサイズ比較できたので、ヨシとしよう。少ないSSDを圧迫するので、元fitsはさっさと消しちゃうけど (^o^;

Ngc2397crop
NGC2392, 2018/10/25.5784,  115*20s, GS-200RC(20cm F8), ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/4 Cropping

Ngc2397_1024
これまた、こんなに小さい。DSSに115枚のFitsを放り込んだら1時間。枚数が倍になったら、処理時間は5倍くらいになった(メモリ 8GBしか積んでないもんね)。

Photo
全部 1/4 Crop でサイズ比較。M27、でっけー。つか、他が小さ過ぎ...

1600mm 240mmのガイドスコープで、まぁまぁ行けそう。2~3回テストして面倒くさくて放り投げたオフアキは使わなくても良さそう (^o^;

« ASI1600 + EFW + カメラレンズの接続 | トップページ | 体重測定_20181027 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オートガイド体制変更を確認する:

« ASI1600 + EFW + カメラレンズの接続 | トップページ | 体重測定_20181027 »