2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 続・ファインダー&ガイドスコープで悶々とする | トップページ | ASI1600 + EFW + カメラレンズの接続 »

2018年10月25日 (木)

続々・ファインダー&ガイドスコープで悶々とする

ファインダー&ガイドスコープ問題、そこそこ解決なので、その周辺の課題を解決しておく。


★主鏡とファインダーがズレてる問題

BLANCA-70EDT (70mm F6 = 420mm) くらいなら、あまり問題にならないけど、800, 1200, 1600mm だと問題になる。主鏡とファインダーの位置合わせ。
主鏡別にファインダーがあって、取り付ければ同じ場所を向いてるのならいいけど、そんな贅沢な構成してる人は、一人しか知らない。

鏡筒を変える時、具体的には BKP200 = 800mm と GS-200RC(1200, 1600mm) を常用してるけど、ファインダーが一つしかないので、切り替えた時、結構ズレてる。

両方のアルカスイスプレートの位置を調整して、近付けようとしたけど、いまいち。

特に、1200, 1600mm だと主鏡がどこを見てるのか肉眼でも分かり難いので、ファインダーを合わせようがない。

そこで、もう使うこともあるまいと思った ドットサイトに登場願う。

R0010630
1200mm とドットサイトの位置を調整してパーマセルテープで調整ツマミを固定。
これで、1200mm(レデューサ有)と1600mm(レデューサ無)は、ドットサイドで大まかに目印になる街灯などを導入して、そこにファインダーを合わせればいい。

R0010633
以前、ファインダー台座は調整済だったので、うまい事、調整しなくても、そこそこ合ってた。ファインダー台座の位置、横方向は取付ネジを緩めて動かせば、多少は動くけど、縦方向はダメなので、片側にプラ板などを挟み込んで調整した(職人芸)。

ドットサイトを使って主鏡を対象物に向けておけば、そこにファインダーを移動させるだけで済む。ココは、微動雲台が登場するので容易に調整できる。

7
1200mmだと、こんな感じ。

8
1600mmだと、こんなにシビア。

9_bkp_2
ファインダーをGS-200RCに合わせた状態で、鏡筒をBKP200に変更すると、この程度のズレがある。


★GS-200RCレデューサ有無問題

GS-200RC、レデューサの有無で、M90接眼部延長リング25mm, 50mmを付けたり外したりして調整するのが基本。
ベランダなら、これでもいいけど、山でこの作業は地味に嫌。

なので、接眼部に 40mm 2インチ延長筒を使ってみようと思う。

R0010632
レデューサ有は、この位置で合焦する。

R0010631
レデューサ無は、40mm 2インチ延長筒を入れて、この位置で合焦する。この方法だとM90接眼部延長リングは、50mmを付けた状態で変更不要。
カメラの前に電動フィルターホイール(EFW)を付けた時もほぼ同じ。
カメラに M42-4/3変換アダプタ -> 4/3-Nikon変換アダプタを付けているので、結構長い。

これ、撓みで、像が悪化しそうな気もするけど、その時は諦めて M90接眼部延長リングをクルクルしなきゃね(山でレデューサ有、無を変更するような対象は撮影するなって事だと思うけど)。

« 続・ファインダー&ガイドスコープで悶々とする | トップページ | ASI1600 + EFW + カメラレンズの接続 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

望遠鏡本体は全然違うのに、不思議なことに周辺機器には『見慣れたパーツ』が増えていて、なんだか親近感♪
例の微動雲台、もう少し安ければもっと買いたいくらい便利ですよねぇ。

さて、けむけむさんの記事を見ていると、また電子ファインダーが魅力的に見えてきたので、一度撤去したヤツを復活させてみようかなぁ・・・♪

Slikの微動雲台がアルカスイスになっているところがポイントでもあるんでしょうか。三点ネジ式だと、追い込みを途中で諦めたくなるときがたまにあります(汗)

To あぷらなーとさん

 例の微動雲台、半額だったら、即買いです。ファインダー用なので、もちょっとチャチでもちょっと安い... とかが欲しいです

To にゃあさん

アルカスイスを望遠鏡接続パーツのインタフェースに採用してるので、あの微動雲台、大当たりです。
微動雲台から外してガイドスコープ乗せるだけでOkです。
積みかえして軽量化・簡素化出来る利点はあるけど、途中で赤道儀の電源落としたりしちゃうと、またファインダーに組み直しからで脂汗になります...

こう言う、悩ましい世界は、グルグル回りになるんですかね。(笑)
以前は、デジタルファインダー(笑)でしたが、今は、保有鏡筒800mm以上には、全部フリップミラーを付けて40mmのアイピースにしました。
実は、フリップミラー+アイピースで星を導入することは、今回初めてでした。
C11でも、2スターアライメントの最初の星だけ40mmのアイピースで導入すれば、2個目以降は、100%目で見る視界の中の何処かに星が入って居るか、鏡筒の冷却カメラで見えてます。
アクロバットで、腰に悪いのは1回だけなので我慢してます。
最近、ケンコウ何とか社からデジタルアイピース6千円位、おおおおーこれだと、電話で聞いてみました。
アナログアイピースだと10mm相当位ですね。とのことで、がっかり。
40mm相当のでデジタルアイピースなら、即、1個買いです。

フリップミラーでファインダー代わりになるなら、それは究極のファインダーですね。
すっごいレデューサがあれば実現するかも知れませんが...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続々・ファインダー&ガイドスコープで悶々とする:

« 続・ファインダー&ガイドスコープで悶々とする | トップページ | ASI1600 + EFW + カメラレンズの接続 »