2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« T100HA タイムラプスのテスト | トップページ | スイフト-ゲーレルス彗星_20181007 »

2018年10月 8日 (月)

再び南進する

前回、水俣で撮影した時、ココはダメかな?と思って通過した御立岬。実は暗そうだったので行ってみた。

20181007_171331
星の里広場の看板はあるけど

20181007_171340
ぶっちゃけ荒地。もっと草ボウボウの領域もあったが、変な虫とかいそうだったので敬遠。右端の車は夕日を撮影に来てる人だった。

20181007_171842
500m くらい下ると、舗装してある駐車場で自販機があった

20181007_171649
トイレもあった

20181007_172214
塩むすび館ってのがあって、オニギリでも売ってあるのかと思ったら、中には塩田

20181007_172209
宿泊施設っぽいもの

20181007_171800
天草が見えてて、風光明媚

20181007_175330
流石に夕陽は綺麗

20181007_182429
夕陽に謎のモニュメントが異様な雰囲気

20181007_180727
近くに温泉があったので、夕食... と思ったら、ランチしかやってないそうで車で10分くらい移動して、お弁当のヒライでかつ丼。自白したい訳でも、ゲン担ぎでもないんだけど

20181007_183840
薄暗くなっても駐車場、照明付かないので、ここで設営した。西の低空に明るい星が2ついたので水星と金星かと思ったら違った。低いのが金星(写ってない)で高い方は木星だった。

20181007_205545
アライメント終わった頃、点灯。それも強烈。星の里ぢゃなかったのか?薄明くらいで点けば、ああ、そうかと思うのに、暗くなってからしか点かないってのはタチ悪い... orz
めちゃんこ凹んで店じまいして、星の里広場に移動

星の里広場で再設営。汗だく。

で、タイムラプスを... と思ったら、三脚忘れてたの発覚。しょうがないのでジムニーの上にASI385を乗せて撮影。
撮影中、ジムニーから荷物出したりする都度カメラ移動しちゃうっつー失態...
アンドロメタ銀河が目立ってる。流星は何個か飛んだけど、良く分からない。

つか、動画視聴して貰うと分かるけど、雲湧きすぎ。確かに快晴にもなるんだけど、3枚くらい撮影すると雲が来てロストしちゃうの繰り返し。

嫌気がさして23時頃、撤収... 確かに微妙なGPVだったので、静観したらっぱさんが正解...

分かった事
・星の里広場は、舗装されてない。暗さは清和高原級。熊本市と水俣市の灯りだろうか。北と南の低空は少し明るい。けど、暗い領域が吉無田高原より多い。

・近くの温泉は、すごくしょっぱい。海水の半分くらいの塩分濃度ぢゃね?目の回りとかヒリヒリした。

・南九州道降りてすぐに道の駅とお弁当のヒライがある。3号線を数分南下するとコンビニとガソリンスタンドがある。

・モニュメント・自販機・トイレのある駐車場はまぶしい照明があるけど、23時には消えてた。

つー、訳で、リピートはないかな... 高速なので、90分で着くから、清和高原より近いけど、高速代2500円使うほどではないかな?って感じ。東や南は吉無田高原と大差ない。西側は暗いけど。

Ngc6960
3枚しか撮影出来なかったのを無理矢理処理。BKP200の主鏡マスクと斜鏡マスクはうまくいってるっぽい。

« T100HA タイムラプスのテスト | トップページ | スイフト-ゲーレルス彗星_20181007 »

タイムラプス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

風光明媚な所が沢山あるんですね。羨ましいです。
駐車場と言うか、大きな公園全体が、日没後に照明点灯は経験しました。
まだ、天体観測を始めたばかりで、午後2時に到着して、R200SSを取付終わったのが日没。
30分したら、大きな県立公園が強力な照明で照らされ、泣きながら帰った事がありました、っけ。(汗)

先日の水俣の公園も街灯あったけど、点灯せず、星を見るために控えてるのかな?と(勝手に)思いました。
で、ココは星の里広場を自称してるから、そこはちゃんと意識してるだろうと思ったら、とんでもないまぶしさで、
上側に傘がある訳でもなく光漏れまくり。
足元を照らすのまで止めろとは言わないけれど、星を見るのに、どんな影響があるかくらい考えて欲しいと思いました。
と、時折、広場に車が来て、ジムニーを見るとUターン。不純異性交遊しようとして諦めた風...

星の里なのに皮肉なものですね。しかし、天の川タイムラプス格好いいですねー。ガラス玉を覗き込んでいるみたい。

三脚を忘れてなければ...
もう少し雲が少なければ...
と悔やみます

お疲れさまでした、深夜になると灯りも消えるんですね・・・でも高速代プラスだと辛いです(^^;)
あそこはコスモスやポピー等の花を植えてあって星を眺めるなんて事は考えてはいない感じですねえ、今回は手入れもして無さそうだし・・・。

調整後の星像などがスッキリしているみたいで良かったですね(^_^)v、でもしっかりと撮影できてれば良かったけどちょっと残念でした(-_-;)

星の里広場、残念な場所でした。
ちゃんと星を見る場所にすれば、人も来るでしょうに... 中途半端すぎ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082015/74352248

この記事へのトラックバック一覧です: 再び南進する:

« T100HA タイムラプスのテスト | トップページ | スイフト-ゲーレルス彗星_20181007 »