2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2017年5月16日 (火)

え?週末くらいには来るってコト?

T100ha
ウンともスンとも言わなくなった T100HA、土曜日着で発送した。で、どうなってるかな?と思ったら、既に修理完了で発送してあるらしい。

マジすか?今週中に返ってくるのか... 侮れないな、ASUS(こりゃ、立派なサポートだと思う)

Asus
2017/05/17 6:47 昨日発送した事を通知したいんだと思うけど、メールきた。微妙日本語だけど、私が書いた英文はもっと微妙なハズなので、そこはヨシとしよう。

で、メールにあったリクエストIDを踏んでみたけど、メールボックスは空ですって、謎状態。通知メッセージの自動発信cronと実際のメッセージ書き込みタイミングが同期取れてないってコトかな...


どんな感じのやり取りしたかを記録しておきます。

2017/05/10 20:35 事象発生した旨、メールで通知(電話は昼間しかダメだし、どうせつながらないだろうから、メールするが吉と判断) kem->ASUS

2017/05/11 9:32 BIOS リセットなどのテンプレと思われるレス。 ASUS->kem

2017/05/11 13:00 電源投入不可であり再現性100%である事を通知 kem->ASUS

2017/05/11 14:10 故障と判断し着払いで送付して欲しい旨、連絡あり ASUS->kem

2017/05/11 16:01 発送した旨通知 kem->ASUS

2017/05/11 16:18 発送を了解した旨のレス ASUS->kem

2017/05/16 20:00 ASUSのサイトでシリアルNo.で追跡。既に発送済を確認

って感じ。ウチの会社ぢゃ絶対できないサポートだとマジ思う。

2017年5月15日 (月)

ケーブル接続で悶々とするの巻

撮影用PC(タブレット)変更の影響で、認識できない USB接続機器が出ているのでどうにかしたいんだけど、悶々...

Photo_3
とりあえず、こんな感じかな?つか、USB2.0が5mだったのに、USB3.0は3mしかダメってどゆこと?

さて、T100HAはいつ帰ってくるのかなぁ...

2017年5月13日 (土)

続・デジタル・ファインダーを調整する

デジタル・ファインダー、カメラの性能のお蔭で、いい感じぃ~...なのだけど、ファインダー脚のネジが長すぎてアンバランスこの上なかったので、短いネジを買ってみた。

Dscn0669_2
で、1本入れ替えてみたら、こんな感じ。やっぱ、これでしょ?(多分、50mmとかのファインダー用のファインダー脚のネジと共通部品なんだろうと思うけど。

で、ネジを変えるのはいいけど、元のネジはファインダーを保護するためにプラスチックかなんかが付いてる。

ので、保護加工する事にした。

Dscn0671
こんな感じのモノを作った。

Dscn0670
これは、以前、GS-200RC用に丸める鏡筒フードの一部をドブテイル部分をカットした時に出たモノ。革的な質感の素材にフェルトが貼ってあるもの。

Dscn0673
このファインダー脚、色々問題があって、かなり幅が狭くて鏡筒によっては安定しなかったので、この革フェルトを切って貼った。

Dscn0672
保護加工はこんな感じ。ゼリー状瞬間接着剤でガッチリ接着できた。

Dscn0677
デジタル・ファインダーを装着すると、こんな感じ。ギリギリのサイズ。

こうやって、加工したので、再度、デジタル・ファインダーと鏡筒の中心を調整。

Photo
GS-200RCにファインダー積んで、左が、鏡筒(ASI1600MC-Cool)。右がファインダーだけど、一度外したから、こんな感じにズレる(当たり前)。

2
ファインダー脚の交換した短いネジで調整。

Bkp
BKP200に付けて見たら、調整済だったのに、結構ズレてたので、再度、ファインダー台座をズラして調整。BKP200が合焦してないけど、これは、EFWを使ってるため。
EFWからニコン・マウントを経由して、Tリングでレデューサやコマコレクタを接続するんだけど、EFW->ニコン・マウントの入荷が遅れてるそうで、とりあえず、EFW->マイクロフォーサーズ->ニコンって変換にしてるので、1km先だとBKP200では合焦しない。

ここまで調整できたので、星が見えたら実戦投入してみたい。

これは何ですか?

Dscn0665
これは何ですか?なにか取っ手的なモノですね

Dscn0666
こうなります。

GS-200RC ユーザあるあるですね。 GS-200RC、チョー持ち難い (-_-;

なので、Vixenの鏡筒ハンドルをアルカスイス経由で付けてみました。この位置だとバランス取れてて、なかなか良いです。
赤道儀に乗せた後は外して、ここには、ファインダーとかオートガイドのカメラが乗る訳です。

2017年5月11日 (木)

デジタル・ファインダーを調整する

日が長くなってますね。まだ明るいからと油断してると、20時近かったりします。

で、デジタル・ファインダーを活用するための調整。

まず、GS-200RCを使って、鏡筒とファインダーの位置合わせ。

Gs200rc
左:GS-200RC + ASI1600MC-Cool, 右:35mm + QHY5L-II-C
GS-200RCの中心にファインダー脚を調整して合わせる。

で、次に、BKP200を積んで、カメラを接続。
Bkp200_
セットした直後は、○の位置が、ファインダーの中心。矢印で示した量が GS-200RCとBKP200の鏡筒とファインダー台座のズレ量。

これまでは、ここで、ファインダー自身を調整してたんだけど、そうしてしまうと、鏡筒を変える都度、調整が必要で、面倒くさい事、この上ない。

なので、ファインダーを調整するのではなく、ファインダー台座を緩めて、スペーサーを入れて調整。これがなかなかシンドイ作業なので、キチンとあった訳ではないけど、赤道儀のアライメントに支障がない程度の精度で合わせてみた。

これで、鏡筒を変えても、ファインダーは調整せずにアライメント可能になったんぢゃないか?と思う。

で、賢明な読者諸兄はお気付きだと思うけど、この作業、別にデジタル・ファインダーだから有効って訳ではなくて、これが出来てしまえば、普通のファインダーでも同じ事。

1つのファインダーを複数の鏡筒で使いまわすの、大変。微動調整ができるファインダー台座があれば、もっと楽なんだろうけど。六角レンチで押したり引いたりするような感じで...

Vixenの微動雲台をファインダー台座とすれば、近い雰囲気なんだろうけど、あれを使うのは嫌。

2017年5月10日 (水)

これは何ですか?

またかよ?とお思いでしょうが... てへへ。

Dscn0657
これまでも何度か登場したデジタル・ファインダー
これがあれば、ヨガ的苦行から解放されるんだぜ、ハラショー!的なノリで導入したんだけど、ぶっちゃけ、稼働率低い。
ってのが、これを自由雲台経由だとファインダー中心と主鏡筒中心が合わせられないし、Vixenの微動雲台だと雲台が重くてゴツくて、う~ん... になっちゃった訳で。

つー事で、解決策。

Dscn0661
まさかの QHY5L-II-C の登場。あっさりとAR0130を諦めちゃうって潔さ。
で、AR0130で使ってた35mmCマウント激安レンズを装着して、ファインダー脚に付けちゃた事でして (^o^;

Photo
AR0130 のファインダー像

Qhy
QHY5L-II-C のファインダー像

比べちゃ可哀想だよ... 的な差な希ガス。で、実際には星を見てみなきゃなんとも言えないので、とりあえず、こんな感じ。

で、

Qhy2
ASCOM Driverがあるので、ちゃんと APT でも使える。っつー事は、35mm付けて、迷子になった時はファインダーで solve しちゃう事もできる。

Dscn0662
GS-200RC だと、こんな感じの接続。パソコンからASI1600MC-Coolまで、USB3.0で接続しておいて、ASI1600MC-CoolをUSB-Hubにして、EFWとQHY5Lに接続すればいいので、ケーブルは3本(USB3 A-Bケーブル, 12V電源ケーブル, M-gen用のLANケーブル)でOk。
USB2 A-BケーブルはQHY5Lに付属してたけど、例によって太くて硬くて長いケーブルだったので、細くてしなやかな1mケーブルをAmazoって、土曜日到着予定。そこまでに晴れたら、とりあえず、ごついケーブルでやってみればいいんだけど。

※今回気がついた事。
APT で Exp に 0.1 と指定すれば、ちゃんと 100m sec. 露出してくれる!(知らなかった)

Qhy_
雲の間から北極星が見えた。やはり、明らかにAR0130より綺麗に見える (^o^)

Qhy__2
ShapCapの極軸解析もバッチシ出来そう。

Qhy_apt
APT から ASPS で Solve しようとしたけど、曇ってしまって終了。

で、本当はちゃんとAVXに鏡筒積んでやろうと思ったけど、予期せぬ問題発生。
撮影用ノート(なんちゃってタブレット)PCが起動しない。電源長押しとか、電源+音声小同時長押しとかやってみたけど、ダメ。
中華で、サポートは最低ってレビューだったので、どうなる事やら。Amazonで保証期間延長してるので、どうにかなると思うけど...


晴れ間があるので、木星や月を撮影したかったけど、中華タブがご臨終なので諦めて、北極星をファインダーでPlate Solve。

Qhy_solve
無事 Solve 成功。

ついでに、SharpCap使って撮影してみた。

Qhy_nodark
北極星を16枚コンポジット(Binning=1x1, Capture Area=1280x960, Colour Space=RGB24, Gain=30, Exposure=4000 msec.)

Qhy_use_dark
QHY5L-II-C 結構ダークノイズが出るようなので(約20℃)、ダーク引いてコンポジットしたら、こんな感じ。ファインダーとして使うだけだとちょっと勿体ない気もするけど、やっても惑星撮影くらいかな...
調べてみたら、10等級近くまで確認できるので、ファインダーとしては十分。

これは何ですか?

Dscn0656
これは何ですか?三連発。

Dscn0655
腕とか腰のベルトとかに付ける電池式電子蚊取。これとヘッドセットを装着すると怪しさ倍増で変身くらい出来そうな勢い。

既に虫がわんさかいるので、山に行ったら蚊に襲撃される季節になったので準備した。これまではスプレーを使ってたけど、こっちが撃退されそうなニオイだし、効果の持続性も怪しかった。

今年からは山でPCを見ながら長時間背中まるめてじっとしてる事が増えそうなので、対策を考えてたけど、とりあえず、コレで。

電子蚊取って実は刺さないユスリカしか撃退しないっつートンデモなものも多いらしいが、こいつは刺す蚊にも効果あるらしい。

2017年5月 9日 (火)

これは何ですか?

Dscn0652
デンドロビウム・ペエラルディ ( Den.pierardii ) が咲いた。
去年、地震の後で、まだ片づけてる最中に咲いてたのを思い出した。

20170509_203440
スマホ、すごいね。手軽に撮れるし、勝手にエフェクトかかるし。

20170509_203317
で、例のアレだと、こんなんなっちゃって、何だか分からない。

2017年5月 8日 (月)

これは何ですか?

これは何ですか?

Dscn0647
なんとなく光学系のニオイがするよね

Dscn0649
スマホに装着する。LEDが点灯できる。

Dscn0648
LEDは強力白色と弱めのブルー(紫外線と書いてあった)に切り替えできる。

Photo
カモミールの「カモ」を写してみた。
60倍だそうで、ニコンのファーブルより、ずっと拡大率が大きいので、5mm程度を拡大することになる。

Photo_2
スマホのズームを併用すると、こんななっちゃう。一度に1文字しか写せなかったので、スマホで2枚撮影したのを並べてみた。写真1枚の実寸は、2mm×5mm程度。
これは顕微鏡的なサイズで、水草にくっついてるヒドラだったら、キモチ悪い程度のサイズに写せそうだ。


GWに入った頃から、背中が痛くなってた。右側の腰よりちょっと上くらいの位置。

なんか、捻ったかなんかだろうか?と思ってたけど、長引いてるし、悪化してるような気もする...

これ、もしやの尿管結石かえ?1年前に左側でヒドイ目にあったけど、左にあったって事は右側にあっても不思議ではないし、たしかエコー検査で、予備軍もいるとか言われてたような気もする... 悶々...


夜、地味に痛みが悪化してる。寝るのが困難なレベルで痛くなってきた。やっぱ、筋肉痛とか肋間神経痛とかではなくて、腎臓系の痛みのような気がする... (-_-;

2017年5月 2日 (火)

曇っていても星は写るのか?

昨夜は夜が更けるに伴って、どんどんと状態が悪化する空で薄明時は全面どん曇になってたけど、それでも、夜半前は、そこそこ星見えてた(3等星くらいが)。
で、低空のモヤモヤや薄雲があってもLPS-V4やIRだと、ひょっとして少しくらい写ったりするのか?ってのを確認してみようって、無謀なマネをしてみた。

Ngc4361flcrop
NGC4361, 12*180s, LPS-V4, 20cm F8 RitcheyChretien, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping

からす座にある惑星状星雲。手抜きで、ダークもフラットも処理してないので、久しぶりに目玉が登場。南の低空ってのは、ベランダから見て、お城や熊本駅がある方向で、煌々と明るい繁華街方面。なので、光害がひどくて、LPS-V4でも180sしか露出してないけど、そんな劣悪環境でも惑星状星雲は、辛うじて確認できた。

M63crop
M63, 8*900s, IR850, 20cm F8 RitcheyChretien, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping

夜半過ぎ、2等星も見えないような状態の中、IRで 15分 露出して撮影してみた。
さすがに、なんだか分かんないけど、モヤっとしたものの存在は分かる。ある意味、あんな空でも写った事にビックリだけど、あんまり参考になるデータではないな...

より以前の記事一覧