2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

天体写真

2017年6月16日 (金)

青ハロ除去してみた

激安300mmで撮ってみて、これアクロマートぢゃね?と書いたけど、にゃあさんから、「青ハロ」除去ってキーワードを頂いたので、やってみた。

20170615_0315_800_2
before

20170615_0315__800
after

Photo_2
切り出してみると、こんな感じ。これは効果あるかもかも。
青ハロと言いつつ、赤いんだけど。

で、この処理は、指定した色を薄くする処理のようなので、この例だと赤い星雲とか写してたら、一緒に消えちゃう予感...

2017年6月15日 (木)

激安300mmレンズで固定撮影してみた件

20170615_0315_800
ちょっと前にネットオークションで買った300mmのカメラレンズは、どんな感じなのか北極星付近を固定撮影してみた。

このくらいに縮めてしまえば、まぁ、いいんぢゃね?と思う。ダーク、フラット処理してないけど、このくらいの周辺減光なら無問題。

Photo
中央と四隅を切り出してみたけど、これも無問題。明るい星は周辺が滲んでるけど、あのレンズ、アクロマートって事?まぁ、全然許容範囲。

こいつを使って、アンドロメダやオリオンの大星雲みたいな範囲を撮ってみたいと思ってる訳で。


会社でジムニー買ったと騒いでたら、なんと課長が10年間ジムニー乗ってるのが判明。ウチの事務所には、課長ともう一台、もっと古いのがいるそうで、私が3台目らしい。

で、後部座席の座るところを外して背もたれを倒せば結構フラットになるだのタイヤはちょっと太めに交換しただの、サスはあんまり硬いのにするとアレだったとか、ジムニー超おもすれーって話で仕事ほったらかして盛り上がった (^o^;

フットレストがないのが嫌なので、メタルの部品買って付けたいって話したら、付けてないって事だったけど、アクセルやクラッチはメタルに変えたそうで、それはデフォルトでしょ?って困った会話...

2017年6月 9日 (金)

木星を比較してみた件

Photo
昨夜の木星を処理してみた。で、比較表にしてみた。

像が滑らかになるのは、1000Frame以上必要なようで、3000Frameだと、かなりいいっぽい。で、Gainを下げれば滑らかになるかな?と思ってたけど、3000Frame使えば、Gain=400でも悪くない。
Gain=300と比べると、露出が1/3程度で良いので、Gain=400はアリだと思う。

で、分かったのは、風の影響と同じくらいに、下を走る車の振動を感じちゃうようで、周囲を木々に囲まれた山とかで撮影すると、もう少し良くなるかも知れない(そんなロケーションだったら、他のモノを撮影したくなると思うけど)。

エクステンダー2段重ねは、効果ありそう。

21_17_54_g4_ap828
Gain=400 50% を彩度上げたりして、調整してみた。

21_31_16_g4_ap829rt
比較表の右端のGain=300の50%をベースに調整してみたら、こんな感じ。

この曲を延々聞きながら処理しました。パポピパパピポピピ。

2017年6月 8日 (木)

またしても、色々あって木星を撮ってみた件

梅雨に入ったのに、晴れたので、ベランダでちょっとだけ撮影。木星だと、2~3分で撮影できるので、ちょい撮りに向いてますなぁ

20_53_32_g4_ap250
GS-200RC + 2X POWERMATE, Gain=139, Exp=0.12

21_17_54_g4_ap828
GS-200RC + 2X POWERMATE + 2X TelePlus, Gain=300, Exp=0.05

Gainを 139, 300, 350, 400 とか変えて撮ってみたけど、とりあえず、2種類だけ処理してみた。

週末は天気悪そうなのでゆっくり処理してみよう。

2017年6月 3日 (土)

色々あって木星を撮ってみた件

21_40_42_2550crop
木星撮ってみた。
これまでは、GS-200RC(1600mm F8 リッチークレチアン)で撮ってたけど、入院中なので、BKP200/F800(800mm F4 ニュートン)使ってみた。モチロン、800mmのママだと小さいので、x2 TelePlus と x2 PowerMate の2段重ね。

21_04_01_g4_ap226
21:04:01

21_40_42_g4_ap203
21:40:42

約40分で大赤斑、こんなに移動するんですね。改めてビックリ。

すっごい強風でノートPCがひっくり返っちゃうくらいだったけど、意外と良く撮れてラッキー。
で、これまで近くの恒星を使ってバーティノフ・マスクでピント合わせてたけど、今回はガリレオ衛星を見ながらピント合わせてみた。

2017年5月28日 (日)

たまにはカラフルなのも

M20_1024
M20, 2017/05/28 00:43:06, 16*300s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Binning=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping
彗星の出待ち時間調整で人気ありそうなモノを撮ってみた。
何だか分からない彗星写真と違って、綺麗 (^o^;

四隅は、F4に1.25フィルターを使っているので、ちょっとケラれています(言わなきゃバレない? (^o^)

快晴だったので、今度は西原村行こうと思って出発。そのまま勢いで、清和高原天文台到着  (゚∀゚)

先客がいらっしゃって、でっかいタカハシの屈折をピラーに設置中。すげー良さそう&高そう!と思いつつ、近場でセッティング。

もう1名参加されて、おっさん3人で撮影大会。夜中からは快晴で、完璧寝不足。
昼間は25℃なのに、明け方は8℃。これ冬ぢゃん!な寒さ。

彗星も撮影したけど、眠くて処理する気力がががが...

2017年5月23日 (火)

ピント調整

GS-200RC に X2 TelePlus を付けて、 ROI した状態でピントを移動させてみた。

輪っかが小さくなって合焦点すると思ってたけど、途中、指輪状になってるっぽい。で合焦してるかどうか、アメーバ過ぎて分からない...

New1
ピント外して撮影したものをコンポジットすると、こんな感じ。
同心円ではないし、右上が明るくなってる。

2017年5月20日 (土)

ベランダ放置で撮ってたもの

M63
M63, Gain=300, 12*600s.  もう少し枚数を稼がないとなんとも... 放置中に強風だったようで、1/3くらいはブレブレで使えなかったのも敗因かな

M51
M51, Gain=300, 20*600s.
こちらは、何度も撮影してるので、L画像には3回分を混ぜてみた。


N6543
NGC6543 Gain=300, 168*20s. ROI(Capture Area=1280x1024)
Fitsで撮影して、SI7に放り込んで処理したもの。

03_23_g4_ap18
168 Fits Files を AS!2 で処理して、RegiStax6 で軽く処理したもの。やっぱ、これ、ピンボケな気がする。 x2 TelePlus を使うと、こんな像になってしまうのかも...


EFWとQHY5Lファインダーのテストの意味もあって、ベランダ撮影してるのだけど、ASI1600MC-CoolをHubにすると、結構シビアなようで、EFW接続を20cmくらいの付属してた短いUSBケーブルだと安定してたけど、50cmにしたら不安定。
短いのEFW側がL型なんだけど、この向きがアレなので、ぱっつんぱっつん

QHY5Lの方も、微妙で、2mだと全然ダメ。1mだと不安定なので、50cmにしてみようか...

と、昨夜は赤道儀接続が何回も切れるっつー、思わぬ伏兵。
SUB3.0 Hubをセルフパワーにしてみたのに、思った効果が得られていない...orz

ちょい撮り M57

M57w2crop
M57, Gain=300, Exp=22*120s, Temp=0

土星の後でM57撮ってみたけど、う~ん...

Ngc6543_321crop
NGC6543 これピンボケなんだと思うけど、よく分からないっつー撮りにくい対象だった

Photo
キチンとやっておきたかった フィルター比較。意外(?)にもIR より V4 の方がピントズレ量は大きかった。IRとUV/IRも結構ちがうけど、惑星は、IRでピントを合わせておいて、UV/IRは少しあってない状態でRGBを撮る方が良さそう。
露出時間は、UV/IRを基本に、V4, T2 は2倍、IRは、16倍くらい必要だってのを目安にやってみよう。

2017年5月19日 (金)

晴れてたから木星撮ってみた

今週はいろんな事があって、ヘトヘト中。明日、博多で打合せすれば、今週の予定はとりあえず終わり。

で、長崎から帰ってきて、返ってきた T100HA で、空白の一週間に何が起きたのか?で悶々としてたけど、晴れてるので、 T100HA の試運転兼ねて撮影。

Hc1
ファインダーを地上の灯りで状態確認。このくらいの精度なら無問題。(左:ファインダー、右:GS-200RC(1600mm))

Hc4
アライメントで星を導入するとこんな感じで、非常にやりやすい。超カンタン。

Hc2
SharpCapの極軸もバッチシ。極軸望遠鏡でざっくり合わせると、このくらいの精度は出てるらしい。

Hc3
今夜はこのくらいで勘弁しておいてやろう。

Photo
木星撮ってみた。
1000Frameの50%=500枚と、3000Frameの17%=510枚 だと、やっぱ。17%の方が良さそう。で、3000Frameの50%=1500枚だと、かなり綺麗。
全部、gain=3000 で、L=IR Pass, RGB=UV/IR Cut を合成。


New1rtcrop
土星も撮ってみた。模様が見えなくて、輪っかに惑わされるのか、どうも露出過剰になってしまって、木星より難しい... (-_-;

人生、初土星。なんか、初土俵っぽい。

より以前の記事一覧