2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

彗星

2018年11月23日 (金)

マックホルツ-藤川-岩本彗星_20181123

快晴だったので、明け方の彗星をベランダで狙ってみたけど、さすがに、ギリギリ。天文薄明頃、やっと写り始めたので、30秒露出で光に埋もれるまでシツコク撮影。

C2018v1_20181123crop
C/2018 V1(Machholz-Fujikawa-Iwamoto), 2018/11/22.8648, 32*30s, 7cm F6 Refractor, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=9.8(SI7)
フラット引いてみたら、なんか悪化したっぽい...

C2018v1_16_20181123crop
フラット処理止めて16枚コンポジットの方が綺麗になった予感...

M64_32fl
彗星の出待ちに撮った M64。こんなに小さいのに、生意気(?)に黒目がある。

R0010764
この中心付近に彗星はいた。右上は金星。

2018年11月18日 (日)

スイフト・ゲーレルス彗星_20181117

結露で逃げ帰る前に撮影してた彗星。

64p_20181117crop
スイフト・ゲーレルス彗星
64P/Swift-Gehrels, 2018/11/17.5163, 10*240s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=12.8(SI7)

46p_20181117crop
ウィルタネン彗星
46P/Wirtanen, 2018/11/17.5373, 16*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=10.1(SI7)
月の近くだったので厳しかったけど、上方向に尾があるような無いような...

20181117_203957
山でLEDトレース台でフラット撮影するとこうなって、かなり怪しい。職質されたら答えに困りそう...

快晴だったけど、結露にやられて逃げ帰った。らっぱさんによると濃霧になってたっぽい。確かに朝、山方向を見たら雲の中だった。逃げ帰って正解。らっぱさんは霧の上まで行かれたようで、流石な判断。

2018年11月15日 (木)

マックホルツ-藤川-岩本彗星_20181115

C2018v1_20181115crop_2
マックホルツ-藤川-岩本彗星
C/2018 V1(Machholz-Fujikawa-Iwamoto), 2018/11/14.8373, 32*60s, 7cm F6 Refractor, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=10.1(SI7)

日曜の早朝に撮影し損ねた マックホルツ-藤川-岩本彗星 (C/2018 V1) をやっと撮影。東側のベランダは狭いので BLANCA-70EDTで。ベランダでは尻尾は無理だったかな?あるような無いような...

M65fl
彗星の出待ちで。420mm だと、こんなにカワイイ姿だったのか...

Photo

中央をゆっくり下がっていくのが彗星。04:23:44~05:39:43 を60秒露出で75枚。APTのサムネを使ってアニメーションGIF化

2018年11月13日 (火)

ゲーレルス第2彗星_20181110

土曜~日曜にかけて、吉無田高原で撮影してきたものの処理がやっと終わった。

78p_20181110crop
ゲーレルス第2彗星
78P/Gehrels 2, 2018/11/10.4418, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=14.6(SI7)

64p_20181110_crop
スイフト・ゲーレルス彗星
64P/Swift-Gehrels, 2018/11/10.4716, 16*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.3(SI7)

46p_20181110crop
ウィルタネン彗星
46P/Wirtanen, 2018/11/10.5076, 16*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=9.7(SI7)

C2017t2_20181110crop
パンスターズ彗星
C/2017 T2(PanSTARRS), 2018/11/10.6325, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=16.2(SI7)

38p_20181110crop
ステファン・オテルマ彗星
38P/Stephan-Oterma, 2018/11/10.6936, 16*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=12.6(SI7)

C2016n6_20181110crop
パンスターズ彗星
C/2016 N6(PanSTARRS), 2018/11/10.7209, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=14.5(SI7)

21p_20181110crop
ジャコビニ・ツィナー彗星
21P/Giacobini-Zinner, 2018/11/10.7397, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=14.5(SI7)

123p_20181110crop
ウエスト・ハートレー彗星
123P/West-Hartley, 2018/11/10.7653, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=16.2(SI7)

C2018a3_20181110crop
アトラス彗星
C/2018 A3(ATLAS), 2018/11/10.7789, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=16.3(SI7)

C2016r2_20181110crop
パンスターズ彗星
C/2016 R2(PanSTARRS), 2018/11/10.8009, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=16.0(SI7)

撮影時刻順。やはり、ウィルタネン彗星は明るく、肉眼彗星になって、星野写真でも彗星と分かる姿になるだろう。

C/2016 R2 など、らっぱさんの写真では尾が確認できる。やはり16枚くらい撮影しないと淡い部分は厳しいのが分かった。

明け方のマックホルツ・藤川・岩本彗星 C/2018 V1(Machholz-Fujikawa-Iwamoto) を撮り逃がしたのは残念だけど、大漁だったので満足。
C/2018 V1 は、今月20日頃までが撮影好機か?その後は太陽に近付き過ぎて撮影できなくなるだろう。
来月 5日頃からは夕刻に西の低空に現れるかも知れないけど、数日しか撮影チャンスは無さそう。崩壊・蒸発してしまって現れない可能性もある。


彗星の出待ちで時間調整は派手なモノを撮影するんだけど...

Ori_filtered
オリオン座にあったから、派手だろうと思ったら、まぁ、地味... しかも淡いので、かなり無茶に炙らないと出てこない。
炙り過ぎると、邪な横縞が出るのが分かった。少ない枚数(8枚)をめちゃめちゃ炙ると目立つって事っぽい。
これ、曇り空撮ってるのと大差ない...

M33_1280
結局、派手なのは M33 だけだったので、再登場して貰った...

2018年11月12日 (月)

新彗星の今週の位置

新彗星(マックホルツ・藤川・岩本彗星になる可能性あり)の今週の位置。いずれも午前5時(日本時間)。明るさは9等級?もっと明るいかも。

Dm001_20181113
2018/11/13 05:00(JST)

Dm001_20181114
2018/11/14 05:00(JST)

Dm001_20181115
2018/11/15 05:00(JST)

Dm001_20181116
2018/11/16 05:00(JST)

Photo
ステラナビゲータの軌道要素(暫定)

ウィルタネン彗星_20181110

46p_20181110crop_2
ウィルタネン彗星
46P/Wirtanen, 2018/11/10.5076, 16*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=9.7(SI7)

低空は空気が濁っていたからか、残念ながら、尾は、はっきりしなかった。

2018年11月11日 (日)

スイフト・ゲーレルス彗星_20181110

64p_20181110_crop
スイフト・ゲーレルス彗星
64P/Swift-Gehrels, 2018/11/10.4716, 16*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.3(SI7)
熊本県御船町吉無田高原

ひでさん、コーヒー&わかめスープありがとうございました。
えりありさん、電源原因解明頑張ってください。
らっぱさん、お久しぶりにご尊顔を拝見できて嬉しく思いました。

かしこ(眠すぎて礼儀正しくなっちまった...) 続きは明日以降に処理します。タブン

2018年11月10日 (土)

ZWO ASI294MC Pro Fourth Impression

2時頃起きたら快晴だったので、ベランダ放置。前回は、BLANCA-70EDTで試写したので、今度は、BKP200/F800 を使ってオフアキのテストも兼ねる。

Bato
馬頭星雲, 36*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MCP(Bin=1, Gain=390, Temp=0), No Cropping

これ、オフアキは止めて、ガイドスコープにして撮影した。最初、オフアキでやってみたけど

Hc0
BLANCA は少し変形しててもガイド出来てたけど、コレで無理矢理ガイドしてると、しばしばロストする。
どうも周辺像がすごく変で、コマコレからカメラまでの位置がかなり変わってるのが影響してるのかも知れない。

Hc2
ガイドしても、グダグダで駄目だこりゃ感が強い

オフアキでガイドスコープ無くなったら準備が楽だよね?と思ってたけど、実際に撮影するまでが大変で逆効果なのが判明したので、あっさりオフアキ止めて、ガイドスコープの運用に戻そうっと。

彗星も撮影した。明け方のおとめ座の新彗星も狙いたかったけど、詳しい位置が分からなかったので断念。

64p_20181109crop
64P/Swift-Gehrels, 2018/11/09.7236, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MCP(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.0(SI7)

38p_20181109crop
38P/Stephan-Oterma, 2018/11/09.7403, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MCP(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=12.9(SI7)

下の大きな星はエスキモー星雲

2018年10月14日 (日)

ウィルタネン彗星_20181013

前の記事でタイムラプスを試聴して頂けると分かるのだけど、雲が湧きまくりで、諦めて帰ろうかと思ったほどだったのだけど、前回、高速代2500円使って遠征して逃げ帰った後なので、ちょっとだけ粘りと踏ん張りしてみた。
粘りと踏ん張りしてもロクな事にならないのはパチンコで明白なのだけど(って四半世紀位パチンコやってないけどさ~)。

星ナビ 2018/11号の「ネットよ今夜もありがとう」に「何が写ってるのか分からない彗星」が得意分野と書いちゃった手前、ココは無理矢理頑張ってみよう...

64p_20181013
スイフト-ゲーレルス彗星
64P/Swift-Gehrels, 2018/10/13.4764, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=12.3(SI7)
8月のバースト以降、かなり明るい状態継続中。淡く広がっているので光度はもっと明るいと思う。

48p_20181013
ジョンソン彗星
48P/Johnson, 2018/10/13.5033, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.6(SI7)

29p_20181013_2
シュヴァスマン-ヴァハマン第1彗星
29P/Schwassmann-Wachmann 1, 2018/10/13.5140, 1*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.8(SI7)
この頃から雲に蹂躙されまくってた。ので、撮影は1枚のみ。以降、撮影中にガイド星をばんばんロストしてしまうので、中断して星が見え始めるのを待って再開するって苦行。
なので、メトカーフコンポジットしたら恒星がモールス信号のようにツートツートツーツートツーしちゃいそうな勢い(実際には、ツーツーくらいなんだけど)。

46p_20181013
ウィルタネン彗星
46P/Wirtanen, 2018/10/13.6017, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=12.2(SI7)
ウィルタネン彗星は、12月に3等級まで明るくなりそうで、期待大なのだけど、既に明るく緑色も鮮やか。本当は16枚撮影したかったけど、8枚で断念。しかも、途中45分も待って再開してるから、恒星がこんな姿に...

38p_20181013
ステファン-オテルマ彗星
38P/Stephan-Oterma, 2018/10/13.6362, 5*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.2(SI7)

今回、雲に泣かされたけど、実はもう一つの問題とも格闘してた。
ってのが、水俣遠征から帰った後、microSDを認識しないって問題で苦労したけど、今回はUSBが中途半端に動作してる感じ。
ASI1600は何度か通信できなくなってAPTがハングアップ。Mgenは認識出来ないのでディザリングも出来てない(スタンドアロンでオートガイドしただけ)。USBを抜き差しするとWindows10はぴろんと鳴るから認識してるんだけど、APTから接続できない。
っつー事は怪しいのは ASCOM Platform か ASCOM Driver かな... まずは、そこらを再インストールしてみよう (-_-;

2018年10月 9日 (火)

スイフト-ゲーレルス彗星_20181007

撮影してると雲が湧いてアウト... を何度か繰り返して挫折した記録。なので、撮影枚数が微妙。

78p_20181007
ゲーレルス第2彗星
78P/Gehrels 2, 2018/10/07.4783, 3*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=15.9(SI7)

364p_20181007
パンスターズ彗星
364P/PanSTARRS, 2018/10/07.5433, 7*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=?
斜めに、ぼんやりと長く写ってるのが彗星と思われます。

64p_20181007
スイフト-ゲーレルス彗星
64P/Swift-Gehrels, 2018/10/07.5552, 6*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI1600MC-Cool(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.5(SI7)

より以前の記事一覧