2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

タイムラプス

2018年10月31日 (水)

激安Cマウント 8mm で撮ってみた

先日の激安レンズで日周運動撮ってみた。

今夜も撮影始めたらスグに曇る予感でタイムラプス放置で寝てて、気が付いたら全面雲だった (^o^;


これが、TVドラマってのは、反則だと思う。

2018年10月30日 (火)

惑星状星雲たち

先日からちまちまとベランダで惑星状星雲撮ってみた。

2
で、
明るいのは無茶苦茶明るくて、サチる
けど、
暗いのは結構暗くて、ほんのりとしか写らないっつ~当たり前の事が分かっただけだと寂しい。

ASI1600MC-Cool を使ったけど、まんまだと処理がめちゃくちゃ重くてしょうがない(128枚くらい撮っちゃうからだけど)。
1/2 ROI したら、 SI7 でも 128枚を 30分くらいでコンポジットできた。
コンポジット結果を 1/2 Crop してるので、最初から、 1/4 ROI しちゃえば、劇的にコンポジットは速くなりそう。

ただ、1600mm だと、ディテール出ない。ので、どうにかして、3200mmくらいで撮影したいトコロ。そうなると、1600mmだと10秒だったのが30秒くらい必要になりそう。それでも明るいヤツはサチりそうになって大変かも。

APTだと、どのくらいの明るさで写ってるかが分かり難い。3.57 でヒストグラムの挙動が変わったような気がする。マニュアル読むの面倒くさくて放ってあるけど、何か書いてある予感。

SharpCapで撮ってみるのがいいかも知れない。

問題は、
1. どうやって導入するか?(20cm F16になるので、導入で苦労する予感)
2. ガイドは、どうするか?(いよいよ 7cm F6 = 420mmをガイドスコープにしちゃう?慎重に設置場所を選ばなきゃならないけど...)

_1200mm
ガイドスコープは、調整できるので、GS-200RCの1200mmと位置合わせしておいた。1200mmと同じくらいの画角だった(ややガイドスコープが広い程度)。
このくらい合わせておけば、1600mm-3200mm でも同じ視野に入るくらいになるだろう。
デジタルファインダーも同架すれば、デジタルファインダーとガイドスコープでアライメントして、ガイドスコープで導入すれば、主鏡でも導入できてるって事が出来るかも知れない。

ガイドスコープのアルカスイス・プレートに横にアルカスイス・プレートを出して、そこにアルカスイス・クランプを付ければ、ガイドスコープとデジタルファインダーが同架できるなぁ~。

ちょっと面倒だけど
1. デジタルファインダーと 主鏡(1200mm) でアライメントを終わらせる。
2. 主鏡(1200mm)で星を中心に合わせた状態で、デジタルファインダーをガイドスコープに換装
3. ガイドスコープをSharpCapで見ながら、星で主鏡との位置合わせ
4. 主鏡側を 3600mm(= 1600mm x2)に換装
5. ガイドスコープを使って対象を導入
って手順が良さそう。


今日は定期通院だったんだけど、昼間快晴で汗だく。で、夕刻も快晴。なので、これを試そうと思ってベランダ設置。明日は出張なので、21時終了予定。

この面倒な手順で M57 を撮影開始して、これで90分くらいかけて撮影して合成しちゃうのだ。ついでに、例のレンズでタイムラプスもしちゃうんだぜってノリでタイムラプスしようとしたら、画面がモヤモヤしてる。
え~、昼間は綺麗に写ったのに、夜空はなんで、こんな曇ったような写りなのッ?

誰がどう見ても曇ってます...
面倒な手順で撮影開始して、やれやれと部屋に帰って準備してたら、曇り始めてたらしい。なんてこったい...
で、撮影してた PC を確認に行ったら、PHD2 がロストしたようで、遮断機降りてるっつ~ (-_-;

ただ、激安 Cマウントレンズ、かなりいい仕事してる感じ。中心だけでなく、周辺部も結構いい像。1396x1096 を 1280x720 まで ROI してあるけど、星が星っぽく写ってる。


激安なので、試しに買って遊んでみるのオススメ。大陸から2週間くらいかかって到着するので、また~り待つが吉。きっと個体差が大きい予感もあるけど、そこもまた一興。

[追記] 2:30頃目覚めたら晴れてたので、急遽激安レンズで撮影してみる。

Stack_16bits_68frames_136s
LiveStack 68Freame 136s

Stack_16bits_257frames_514sfl
LiveStack 257Freame 514s -> FlatAide で周辺減光を誤魔化したモノ
M31 と微かな M33 が写ってる


M57
無理矢理合成した M57。これは、1600mm x2 TelePlus したのを240mmでガイドして、60秒露出。残念ながら、マトモに写ってるコマがない状態で、うっすら写った10コマくらいを合成した結果がコレ。1/4 ROI して、128枚でもサクサク合成と思ってたけど、ネタが10枚しかないので、瞬時に処理終るっつー (-_-;

_3200
3200mm を無理矢理 240mm でガイドすると、全部楕円。やっぱ、これは無理。

Hc0_2
頑張って極軸合わせたのに...

Hc1
ガイドスコープは主鏡と合わせてるので、ガイド中の画面に、M57が確認できる。

Hc2
1/4 ROI した 3200mm だと、キャリブレーションで、こんな事になる。

Photo
と、これは、25mm のデジタルファインダーなんだけど、西側の空はピッタリ合うのに、東側だと、こんなにズレてる(この時、主鏡は中心に星が入ってる)。

ファインダーと主鏡って、ピタリと合わせても180度くらい回すと、こんなにズレちゃうもの?ファインダー台座が主鏡と水平になってないって事?... そんなん調整できまへんがな...


ひでさんから、お誘いがあったけど、週末、天気いまいちだし、月大きかったのでベランダでゴソゴソ。
で、来週末、山(吉無田とか)を企画中。
晴れるかなぁ?(週間予報なんて、絶対当たらないしね)

2018年10月29日 (月)

これは何ですか?

これは何ですか?

R0010668

CSマウントレンズ。なんと、3.5~8mm のズーム F1.4。一体、何回トホホすりゃ気が済むのか?激安レンズ買うのが趣味なのか?とかコソコソ言われそうだけど、まぁ、そうですね...

で、このレンズ、望遠端だけは使えそう(広角端は無限遠でなかったし、かなりケラれる)。

Capture_00001

Capture_00002

Capture_00003

周辺減光がキツい(ケラれる)ので、ROIして、少し狭くするのが良さそう。これは、1396x1096。YouTube用は、1280x720まで ROIしてるので、そこまで削れば周辺減光誤魔化せそう。

上の3枚、上から、左端、右端、右下に放送局のアンテナを入れてみた。これで見る限り、歪が少なくて、使えそう。星撮ってみなきゃ分からないけど。

2018年10月17日 (水)

これは何ですか?

R0010566
これは何ですか?

R0010569
またかよ... な CSマウントレンズ。 2.8mm


またかよ... な 407円 (^o^;

Capture_00001
またかよ... な写り (^o^;

Capture_00001_2
こっちの ASI385MC 標準添付 2.5mm の方が全然イイ。

っつ~訳で、標準添付レンズが頑張ってるので、タイムラプスでビー玉覗いたような銀河を撮るなら標準添付レンズで決まり!(お高いレンズを使う気はないので)。

R0010572
ついでに... 怪しいレンズ達。左から 標準添付レンズ2.5mm(使える)、2.8mm(ダメ)、16mm(ダメダメ)、25mm(元ファインダー用)

Capture_00001_3
元ファインダー用使ってみたら、これも遠くの山がクッキリだったんだ! IRブリブリだったんだ(知らなかった)

R0010570
普通のコンデジで撮ると、こうなる。山なんか見えやしない。

っつ~訳で、25mm とか 35mm の Cマウントレンズに C-CSマウント変換で下駄履かせて ASI385MC に付けて、海でお姉さんを撮影したりしちゃ駄目ですよ... ってのがハッキリした(え?そんな結論でいいの?)

2018年10月14日 (日)

久しぶりに吉無田高原

最近、熊本県の南の方、水俣市和田岬芦北町御立岬を新規開拓してたけど、久しぶりに近場(高速無しで60分)の吉無田高原行ってみた。

ココは、御船町。御船町は以前紹介した恐竜博物館があるところ。

20181013_164014
後ろの山は草スキー場。ちゃんと舗装された駐車場だし、防風林あるし、トイレあるし、自販機もあるっつー、かなり高得点なポイント。

20181013_175559
草スキーより、「わくわく化石発掘ランド」の方が面白そう。

20181013_172656

20181013_172705

20181013_172826
日没前に設営完了。ってのも、日没をタイムラプスしてみようと思ったんだよね。

20181013_173320
夕陽にススキが光ってて、おっさん一人だと勿体ないポイント。

20181013_174948
右よりの山は長崎県の雲仙。その手前が有明海。有明海はすごく狭くて、リアル Narrow Sea

ってな訳で、日没のタイムラプスがコレ。

最初の写真とか、これ以上ないような澄んだ青空なんだけど、夕刻になると、ジワジワと雲が増えてくるっつー、他人の不幸は蜜の味なタイムラプスになっちゃったっつー。
日没は、明るさが激しく変動するので Gain と Exp. を Auto にしてたんだけど、そうしちゃうと、夕焼けが全然表現できないってのを学習(東側の暗くなった方に合わせちゃうので、夕焼けがサチって白くなっちゃう)... orz

その後の星空がコレ。


動画の左側は西側(下が北)。熊本市の光害が強烈。御立岬だと全方向暗いので、そこはやはりかなり違うのがハッキリ分かる。

(この時、タイムラプス用の三脚を忘れてジムニーの上にカメラ置いただけで撮影してるので、車から荷物出したりすると画面がグリグリ動いてます...orz)
同じ機材で、同じ露出時間(各コマ10秒)、同一Gain(300)で撮影。

で、極軸合わせようにも、北極星付近が雲に隠れてて、結構な待ち時間。その後、アライメントも雲移動待ちで、艱難辛苦。

こりゃ、御立岬同様、尻尾巻いて退散か?と思ってたら、一台の車が。見てると、おおお、赤道儀ぢゃね?ってな訳で、新しい同好の士と同病相憐れむを満喫(?)

らっぱさんは様子見。ひでさんは相変わらず激務で無理との事だったのだけど、新しい同好の士(お名前を頂戴するのを失念しておりました)は、ペルセ群の時、流星そっちのけで、20cmニュートン(同型)を振り回してる怪しい三人組を目撃されてたとの事 (^o^;

あはぁ... 見られてましたか~と、赤面。

予想だにしなかった雲の襲来ッ!果たして撮影は出来たのかッ!?括目して次号を待てッッ!! (ソコッ! 眠くて画像処理してないだけだろとか言わないッ)

2018年10月 8日 (月)

再び南進する

前回、水俣で撮影した時、ココはダメかな?と思って通過した御立岬。実は暗そうだったので行ってみた。

20181007_171331
星の里広場の看板はあるけど

20181007_171340
ぶっちゃけ荒地。もっと草ボウボウの領域もあったが、変な虫とかいそうだったので敬遠。右端の車は夕日を撮影に来てる人だった。

20181007_171842
500m くらい下ると、舗装してある駐車場で自販機があった

20181007_171649
トイレもあった

20181007_172214
塩むすび館ってのがあって、オニギリでも売ってあるのかと思ったら、中には塩田

20181007_172209
宿泊施設っぽいもの

20181007_171800
天草が見えてて、風光明媚

20181007_175330
流石に夕陽は綺麗

20181007_182429
夕陽に謎のモニュメントが異様な雰囲気

20181007_180727
近くに温泉があったので、夕食... と思ったら、ランチしかやってないそうで車で10分くらい移動して、お弁当のヒライでかつ丼。自白したい訳でも、ゲン担ぎでもないんだけど

20181007_183840
薄暗くなっても駐車場、照明付かないので、ここで設営した。西の低空に明るい星が2ついたので水星と金星かと思ったら違った。低いのが金星(写ってない)で高い方は木星だった。

20181007_205545
アライメント終わった頃、点灯。それも強烈。星の里ぢゃなかったのか?薄明くらいで点けば、ああ、そうかと思うのに、暗くなってからしか点かないってのはタチ悪い... orz
めちゃんこ凹んで店じまいして、星の里広場に移動

星の里広場で再設営。汗だく。

で、タイムラプスを... と思ったら、三脚忘れてたの発覚。しょうがないのでジムニーの上にASI385を乗せて撮影。
撮影中、ジムニーから荷物出したりする都度カメラ移動しちゃうっつー失態...
アンドロメタ銀河が目立ってる。流星は何個か飛んだけど、良く分からない。

つか、動画視聴して貰うと分かるけど、雲湧きすぎ。確かに快晴にもなるんだけど、3枚くらい撮影すると雲が来てロストしちゃうの繰り返し。

嫌気がさして23時頃、撤収... 確かに微妙なGPVだったので、静観したらっぱさんが正解...

分かった事
・星の里広場は、舗装されてない。暗さは清和高原級。熊本市と水俣市の灯りだろうか。北と南の低空は少し明るい。けど、暗い領域が吉無田高原より多い。

・近くの温泉は、すごくしょっぱい。海水の半分くらいの塩分濃度ぢゃね?目の回りとかヒリヒリした。

・南九州道降りてすぐに道の駅とお弁当のヒライがある。3号線を数分南下するとコンビニとガソリンスタンドがある。

・モニュメント・自販機・トイレのある駐車場はまぶしい照明があるけど、23時には消えてた。

つー、訳で、リピートはないかな... 高速なので、90分で着くから、清和高原より近いけど、高速代2500円使うほどではないかな?って感じ。東や南は吉無田高原と大差ない。西側は暗いけど。

Ngc6960
3枚しか撮影出来なかったのを無理矢理処理。BKP200の主鏡マスクと斜鏡マスクはうまくいってるっぽい。

2018年10月 7日 (日)

T100HA タイムラプスのテスト

先月中旬、タイムラプスしながら撮影してたけど、1台のPCでやるのは無理を感じた。

以前使ってた ASUS TransBook T100HA を復活させることにした。こいつは、600g くらいだし、一晩中バッテリで撮影できるっつー、ある意味最強マシン。
だけど、CPUは非力だし、ストレージはeMMCだし、ちょっとしか空いてないので動画撮影は厳しい。
そこで、microSDを使ってみたら、dropしまくる。追いつかないっぽい。ので、USB3.0C経由でUSBメモリ使ってみたら、ちょっとdropしたけど、まぁ使えるっぽい。

今度晴れたら、これで一晩中、真上向けて撮影してみたい。

2018年10月 3日 (水)

M31 を固定撮影してみる

にゃあさんが、自慢のAZ-GTiを駆使して楽しそうだ。貧乏で買えないので、三脚に固定したカメラで真似してみた。

実は、ちょっと前にあぶく銭が入ったのだけど、熱帯雨林で(IRが写るけど周辺が弧を描くレンズみたいな)訳のわからないオモチャを鼻歌交じりに買ってたら無くなってた。杜子春のように足元を掘りたくてしょうがない... orz

で、どうしたか?っつーと、激安 25mm Cマウントレンズに C-CSアダプタ履かせて ASI385MCに装着。
普通の三脚に積んでタイムラプスと同じように撮影。
で、ゴソゴソ。

M31fl

Fits で32枚撮影し、SI7で普通にコンポジット

02_45_50_g4_ap1fl
SERで数分撮影し、AS!2でコンポジット

M31_livestack32fl
SharpCapの LiveStack で32回スタック

いずれも露出は5秒。

5秒で32枚くらいなら(この画角だと)、周囲の回転は目立たない。5分位やっちゃうと目立つ。LiveStackだと回転しないけど、パンの耳登場。

その時の状況を動画で見ると、こんな感じ。いつもタイムラプスしてる速度(5秒露出を1コマにする)だと、5秒で終わっちゃったので、数倍ゆっくりにしてある。

追伸
自動導入できないので手動導入なのだけど、ベランダでカメラの裏側から見ることすら出来ないので、角度と方角を適当に合わせて、エイヤ!と叫んだら導入できた。

2018年10月 2日 (火)

タイムラプスを調べる

まずは、ご視聴いただいて... (フルスクリーンでのご視聴を強く推奨します)

【問1】
この動画中に、何個流星が流れたでしょう?

【問2】
この動画中の流星を探すのに、どのくらい苦労したでしょう?

【回答1】

01_54_04avi_snapshot_0000_20181002_

01_54_04

01_54_05

01_54_04avi_snapshot_0010_2018100_2
これは何?

01_54_04avi_snapshot_0010_2018100_3

01_54_04avi_snapshot_0010_2018100_4

これは何?から3枚は連続したコマで、中央に曲がった線が出た前後に、その右側に小さな点が移動している。1コマ5秒なので、15秒の出来事?何なのか謎。多分ゴーストの類と思うけど。

【回答2】
お察しください。

【補足】
どこに写ってるんだ?3回見直したけど、1個もみつからんぞ!
とお怒りの関係各位もあろうかと存じますが、
『そんなヌルイもんぢゃね~んだよ』

2018年9月27日 (木)

夜明け

ASI385MC付属の 2.5mm で 1440x720 に ROI して撮影。これが安心して広範囲を撮影できる組み合わせみたいです。

夜、曇ってるのに、夜明けとともに快晴になるっつー、「天文あるある」になってしまいました...

↑は自宅からだけど、同じような方向(北極星中心)で水俣で撮影したのが↓。カシオペア座を見つけて比較して貰うと笑うくらい違ってる。
ああ、昨夜はでっかい月もいたのか...

Photo
光害マップだと自宅が "A"、水俣は、 "B"。吉無田高原 "C" でも撮影してみたいなぁ~。

ん?ちょっと待て。水俣行った時、海のそば過ぎと諦めた御立岬、かなり暗そう。で、Google Mapで調べてたら星の里広場っての発見。
なぬ?
『御立岬公園 星の里広場は、平成11年度の環境庁「全国星空継続観察」で田浦町が日本一に輝いたことを記念し、整備された広場』
だとーッ!?

しまった... ここ行ってみたら良かった... 後生畏るべし、光陰矢の如しぢゃ(意味不明)...

より以前の記事一覧